2008年11月10日

ER13−7「ジクソーパズル」Jigsaw

13-7.jpg


ポチッと応援、よろちくー♪
↓↓↓↓
blogranking.gif

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

電車通勤のルカ。駅に降り立ち階段を下りてます。
胸には、"新しい部長"の、ジョー君(笑)
後ろからやってきたのは、看護師のチュニーと
マリク(おひさしぶりや♪)
(先生、持ちますよ。)
ベビーバギーなど、たくさんの荷物を持っているルカに声をかけてる。

それにしても、ルカは「パパスタイル」が、似合うなぁ。
ダグは…似合わないよな〜( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
そうそう!グリーン先生なんて、恐ろしく(!)似合う。

受付でチュニーたちがジョー君をあやしていると、
エイムスの姿を見つける、ルカ。
どうやら、判決に納得がいかないエイムス、
控訴することも含めて、病院の記録を集めているらしい。
これからアンジェラに会いに行くと言う。
(病院は示談にしたいらしいが…)とエイムス。
しかし、それは拒んでるようやな。
ルカは、(引きずらないで前に進みましょう。)
と、話すが、(すすめない…)と、悲しそうな表情でいい、
そして、階段で上に行ってしまう。

(ベビーシッターにすっぽかされた…)
と、文句を言ってるアビー。
ルカと交代で育児をやっているみたいやな。

ラウンジでベビーシッターの面接をする、ルカファミリー。
(ジョー君の表情に、注目!)
ブラジルの美人に、ロシアの怖いオバさん…
4人ほど面接してたけど、アビーの「おめがねにかなう」シッターさんはいなかったようで。
アビーはルカと交代で、ジョーを連れて帰る。

その様子を、アイクの店でコーヒーを飲んでるエイムスが、
なんともいえない表情で見つめる。

(あれ?財布がない…)
公園でホットドッグを買おうとして、
バッグの中の財布をさがしてるアビー。
そこへ一人の男性がやってきて、自分が払う、と言う。
(小さな心遣いが、世の中を幸せにすると教えられた)
そう話す親切な男性…エイムスだった。。。



ERの待合室。相変わらずたくさんの患者であふれている。
メガネをかけた青年がやってくる。
座るところがないのか、待合室をうろうろ、きょろきょろ。
そして、ミニカーで遊んでいる男の子を見つけ、声をかける。
ミニカーの話をしていると、そばにいた母親が
男の子に座るようにいい、青年をみて、怪訝な顔をする。
(におうよ…私にはわかるんだ…)
といってるおじいちゃん、
あわただしく急患を搬送してきた、救急隊員。。。
騒々しい中、その青年は突然メガネをはずし、表情が変わる。
そして、受付に怒鳴り込みに行く。。

騒ぎを聞きつけた、サム。
(患者は、あんただけじゃないんだからねっ!)
と、一喝し、問診表(?)を書くようにいい、黙らせる。

(あえてよかった。)
エイムスから握手を求められる、アビー。
会ったことないから、(親切な男性)と思っているンや。
アビーは、お礼を言って、別れる。
ジョー君がお気に入りの、かえるちゃんが地面に落ちてる。
そっと拾って、ポケットにしまう、エイムス…こわ〜い!!

(ウィリスさん?)
(何を言ってるんだ。俺はクライドだ!)
そう怒鳴り散らすのは、先ほどのメガネの青年。
モリスとサムが担当する。
写真を見ているモリス、古い骨折のあとをみつけたり、
サムは、やけどのあとなどを見つける。
エコーをし、診察の結果、心膜に浸出液が溜まっていて、
それを抜き取らないと、状態が悪くなると診断。
モリスは、心膜穿刺をする、と話すが、クライドは拒否する。
そして、激怒し、怒鳴り散らして、病院から出て行く。
唖然とする、モリスとサム。

急患を出入り口付近で待つ、サムとモリス。
「友達として言うけど、あなた自分勝手で小言が多すぎない?」
なーんて文句(?)を言うサム。
思っていることを、ストレートにずばっという性格、
いいな〜ぁ、男前(笑)キャロルやエリザベス。みたいやでぇぇ。

やってきた救急車。バスの車内でケンカになり、その負傷者らしい。
鼻が折れた…という男性。気を失っている男性もいる。
鼻の骨折を、モリスとのホープ。気を失っている男性をレイが担当。
呼ばれてモリスはレイのところに。
(心膜に液がたまってる。)と、レイがいうと
(今日は二回目だ。)とモリス。
しかし、よくみると、朝診た、クライドだった。

(今朝も来ただろ?)
といっても、初めてきた…という、クライド。
凶暴だった朝とは別人のように、素直でおとなしい。
レイが、心臓に針を刺して、浸出液を抜く手技をします…と
説明すると、素直に同意する。
(おい、ちょっと…)
と、レイを部屋の外に呼び出し、
(絶対おかしい。なにか企んでいる。)
と、話すモリス。しかし、レイは、
頭を打ったので記憶喪失なんだろう、と相手にしない。
その後、ウィリス(クライド)は、心膜穿刺をしようとしたとき、
隣の部屋で泣き叫ぶ子どもの声に反応し、突然、凶暴になる。
レイは、(医者嫌いなんでしょう。)と言いはる。
モリスは、文献などを調べあげて「DID(解離性同一障害)だ!」と言う。

・参照−解離性同一障害とは?

レイは、モリスの普段の行いを知っているから、
先輩であるにもかかわらず、尊敬するどころか、相手にもしてない。
(あの患者は二人体制で診ないとダメだ!)と言ってるのになぁ。
それに、DIDだと、プラットに訴えたけれども、
精神科の判断ではない、ということで、モリスの意見を却下。
(消極的治療をし、精神科を待て。)
といって、帰っていってしまう。

ウィリス(クライド)は、心膜穿刺を拒否しているため
治療ができない。(ただ死ぬのをみているだけ…)
部屋の外で、サムにそうつぶやく、モリス。
DIDだ、と自分がいうと、せせら笑われるが、
プラットがいうと、天才扱いだ…と。
しかし、サムは
(できるだけのことはやった。私は笑ったりしないからね。)
あなたは立派なスタッフドクターだ、と言う。

サム、クライドのいる部屋に入る。
声をかけると、ウィリスに戻っているようだ。
(いじめられたのね?)
と話しかけ、
(でも、ココは安全よ。守ってあげる。約束する。)
と、ウィリスに言う。

人格が変わっている間は、そのときの記憶がなくなるんやな。
(ボク、眠っていた?)って聞いてたもん。

ウィリスは、心膜穿刺をすることに同意してるけど、
もう一人の人格のクライドが拒否している。
(クライドがあなたに治療させてくれないの。)
と、サムは説明し、突然大きな声を出して、クライドを呼び出すねん。
…サム、すごいな!

そして、あくまでも治療を拒否するクライドに、
(死を選ぶなんて勇敢だわ。)と、挑発。
そして、部屋を出て行こうとすると、
(…やれよ。俺には怖いものなんてねえ!)
と、いうねん。
サムの大勝利〜!!

このシーン、よかったなあ。
ウィリス役を演じている俳優さんも、うまいよなあ。
人格が変わるときの表情が…怖くて(笑)

無事に心膜穿刺を終えて、様子を見に行くモリス。
話しかけると、(ボクのメガネは?)と言う。
そして、自分の名前を(ハンドルだ。)と名乗る。
(もう一人の人格が登場か?)

ハンドルは、少年のようやな。
ここにいることをパパに言わないで…と心配してた。
その様子を察したモリス、
ずっとそばにいるよ…と安心させてあげて、
ハンドルの好きなミニカーの話を、二人でずっとしておりました。。

モリス、ちょっと、今日は、どうしたん??
昔のカーター先生を、思い出させるシーンやんか♪

外科とERの症例検討会にて。
前回、ゲイツとアビーがみた患者(その後亡くなる)について
CTで検査をすべきか、すぐに手術をすべきか…その議論の真っ最中。
そうそう。大動脈瘤の疑いがあった患者の話やったなあ。
クレンショーとアビーが、激しく意見交換(笑)
遅れてゲイツが入ってくる。ゲイツをみたケイティ
(かわいい♪)と一言。そしてゲイツは
(同棲してて、子供もいる)とニーラに話すねん。
すると、ニーラたん突然、プレゼンしているゲイツに
食ってかかりますねん。
カーァっと血が上るの、早すぎませんかあ?
ゲイツ、何がなにやらわからへん…ちゅー表情してましたな。
会議の後、ゲイツとニーラは二人っきりなり、話しております。
(あたしをおちょくるのはやめて!)
(はあ?キミを?)
(そうよ!)

ニーラたん、妄想と現実が、ごっちゃになっていませんかあ?
自分が勝手に意識して、あんな夢見て、そいでもって
ゲイツの電話に、女性が出たから…って、プリプリ怒って。。

しかしながら、ゲイツに飛びついて、キスしてたがな。。
そこんとこが、ちょっとかわいかったりして(笑)
しかーし、そんな様子をレイが見てた〜ぁ。
/( ̄0 ̄)\オーノー!!

前回のTV中継で、女性プロデューサー、
コートニー・ブラウンに目をつけられたケリー。
いったんは断った、キャスターの話を、引き受けたんやて!?
どうなる??

こちら、プラット。
黒人男性患者から(教会で薬の交換会をやっている)
という話を聞き、教会に出向くんや。
そして、(危険なことだし、違法行為だ。)と、やめるように話すが、
保険に入れなくて、薬が買えない貧しい人たちのために
やっている、と牧師さん。プラットも何も言い返せない。

男で一つで子どもを育てている、男性患者。
仕事の関係で、ホームドクターの診察を受けられないので、
カウンティーで薬がほしいと言う。
しかし、ケリーは、(かかりつけのドクターから薬をもらってください。)と、説明。薬は出さない、という。
一緒に診察していたホープは、サムに
(ウィーバー先生の指示で…)と、サンプルの薬を出すように頼む。
そして、こっそりその男性に、
(診察を受けられるまでの間、これで…)と薬を渡すねん。
そのあと、ケリーに、黙ってやってしまったことを、打ち明けるホープ。
ケリーは怒るどころか、
(いい事をした。ほんとうよ。あなた将来性がある)
と、ほめるねん。しかし、それを聞いてたサム
(ペーペーのくせして、看護師にウソつくんじゃないわよ!)
ってめっちゃ怒るねん!こわい!ねえさん!

サムを怒らせたことを、モリスに相談するホープ。
(正しいと思ったんだけど、やり方を間違ってしまった)
そう話すホープに、モリスは、
(誰がなんと言おうと、自分が正しいと思えば気にすることはない。)
そうやって、励ましてたなあ。。

******************************

今週は、こんな感じでしたな。
お調子者のモリスの、違う一面が見れたり、
ニーラとゲイツの仲が進展したり・・・・
今回は、かなり盛りだくさんで、語りつくせないところがいっぱいや!

来週も、どうなることやら!楽しみやで〜♪


posted by マーク at 23:00| Comment(8) | TrackBack(1) | ER13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マークさん、初めまして。
書き込みは初めてですが、いつも拝見しています。待ちに待った13シリーズが始まったのに録画し忘れてしまって・・・マークさんのおかげで取り残されずに済みそう〜
私はニーラたんとレイがうまくいって欲しい。ゲイツはどうかなぁ??
Posted by えみねこ at 2008年11月11日 21:43
>えみねこさん
はじめまして〜!
いつも遊びに来てくださっているとのこと
ありがとうごぜーます♪うれちいぃ!

ニーラたん(ご賛同、ありがとう!)とレイ
うまくいくんかな〜と思ってたけどなあ。
レイの「押し」が今一歩足りないんちゃうかなあ〜。
その点、ゲイツは強引そうやしなあ。。
セクスィ〜さでは、ゲイツのほうが上かもしれん。
まあ、この三角関係がどうなっていくのか、楽しみでんな!

これからも、よろしくどうぞ〜♪
Posted by なにわのマーク at 2008年11月12日 06:58
こんにちは。
今回のエピは珍しくモリスが活躍しましたね。
ラストで元の人格に戻った患者のウィリスとモリスが語り合うシーンを見て、モリスもやっぱりドクターなんだと再認識しました。でも、次に活躍させてくれるのはいつのことなんでしょう(笑)

アビーとルカはベビーシッターが見つからず困っているようでしたが、症例検討会の席でジョーをあやしているシーンではちょっとあれ?っと思いました。だって、カウンティには託児所あったはずなので。もしかして、まだ小さすぎるからだめなのかなぁ。でも、その前のベビーシッターの面接でのふたりの表情は面白かったですね。

フォレスト・ウィテカーが演じる元患者のエイムスとルカの確執はまだ尾を引きそうな感じですね。公園で困っているアビーには親切な態度で振舞ってましたが、それが逆に不気味というか・・・。今後の展開が気になります。アビーが落としていったカエルのぬいぐるみ、どうするんだろう。。

それでは、お邪魔しました。
また来ます。
Posted by 玲瓏 at 2008年11月12日 15:18
こんにちは。

今回はサムとモリスが活躍してましたね〜。サム、かっこいい(笑)
最後は、ちょっと、泣きました。まさかモリスに泣かされる日が来ようとは…(笑)
最初は嫌いなキャラだったけど、良い医者に成長したんですねぇ。こういう、人の成長していく姿が見られるのも、ERの醍醐味ですよね(´∀`)
Posted by レイレ at 2008年11月12日 16:43
> 玲瓏さん
こんにちは〜♪

モリスの株、急上昇〜って感じのエピでしたな。
あと、サム姐さんが、やたらとかっこよかったし(笑)
しかし、わし的には、
ケリーに内緒で、プロデューサーに電話をかけてるモリスが、いい(笑)

ベビーシッターの面接で、ルカアビーもさることながら、
ジョーの表情!最高やったで!
めっちゃかわゆい♪

来週、ルカに封筒が送られてきてたけど、
あの中に「かえるちゃん」が入ってるのかな?
不気味ですな…。
Posted by なにわのマーク at 2008年11月12日 17:56
>レイレさん
こんにちは!

モリスもよかったけど、サムも、うまかった!
(ちょっと!!!)
といって、もう一人、別の人格を呼び出すシーン。
迫力あったでなあ…それに、さすが!と思ったぞ。
多重人格の青年のこと、普段のモリスだと、レイに押し付けて、
(俺は帰るぞ。)って言ってる気がするなあ。
しかし、今回は、ずっとそばにいてあげてた。
さすが、カーターから聴診器を受け取っただけあるな?(笑)
Posted by なにわのマーク at 2008年11月12日 17:59
マヌケな私は最後5分がハードディスクいっぱいで録画できてませんでした(涙)

サム、カッコイイ!!めっちゃ好きになりましたぁ〜。自信があって腕もあるからできることですよね〜。モリスもどんどん株が上がってきましたね!医者らしくなったかな。
ケリーも変わりましたよねー。やっぱり肩書がない方が本音が言えるのかも。
今回はルカやアビー、ゲイツとニーラ・・・たくさんの人の状況が変わっておもしろかったです。
Posted by こんちゃん at 2008年11月15日 00:11
>こんちゃんさん
こんにちは!

だてに修羅場はくぐってきてまへん!
サムねえさん、さすがです!
アレックスとはうまくいってるんだろうか。。
それだけが心配だすなぁぁ。

ニーラ→ゲイツ
レイ→ニーラ
ゲイツ→ニーラ?

なんだか、ややこしくなりそうでんな〜♪
Posted by なにわのマーク at 2008年11月15日 06:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ER13−7「ジグソーパズル」
Excerpt: エイムス何を企んでる!?今日はね〜。モリスががんばってた。珍しいね。あとね。ケリー。降板への布石を打ったようだね。ニーラとゲイツ。おいおい、やっぱそうなる?レイは??ER13−7「ジグソーパズル」
Weblog: neene*shopping
Tracked: 2008-11-11 14:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。