2008年11月17日

ER13−8「ブルーレディ」Reason to Believe

13-8.jpg


ポチッと応援、よろちくー♪
↓↓↓↓
blogranking.gif

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

仕事をおえて、教会でボランティア、そして帰宅するプラット。
そこへ、ルカから電話で、
(やり残した仕事をきちんとやれ!)
と、呼び出し電話がかかる。
(ゲイツに頼んだのに!)と、怒り心頭のプラット。
そのうえに、バスルームで、
弟のチャズと友達(?)が、お互い裸になって
じゃれあっているところを目撃してしまう。
ブチぎれて、(お前ら出て行け!)と、怒鳴りつけてしまう。

「外科は弱虫にキツイ…」
ラウンジで仮眠をとっていたニーラ。
やってきたゲイツに、ぐちっております。
(症例検討会のあとに起きたことだけど…)
ゲイツはニーラに言います。
(出来心、でしょ?)とニーラ。
(ん?ああ、そうだ。)
(同棲してるし、子供もいる。)
そうニーラに言われたゲイツ、
複雑な事情がある…といい、
彼女(メグ)の夫とは戦友だった。
帰国後、社会に適応できなくて…(自殺?)
後のことは俺に任せろと、約束した。
と、話しておりました。そして、キスをしようとしたとき…
アビーが、バーンッと部屋に登場(笑)
ゲイツ、仕事に戻っていきましたな。

ニーラたんとゲイツ、いい雰囲気でんな。
お互い惹かれあっている。
しかし…ゲイツの方に大いに問題あり!
けじめをつけないと…
といい、メグに別れを切り出しておりました。
しかしながら、メグの気持ちは、それと逆で、
自分たちは、結婚した方がいいと思う。
っていうねん。ニーラのことは、「遊び」だと。

果たして、ゲイツはどういうつもりだったのか?
親友に義理立てして、メグ親子と一緒に暮らし、
面倒を見てきた…っていうてるけど、そこに「愛情」は、
あったのか、なかったのか?
メグはもちろん、娘のサラちゃんの気持ちも考えてんやろかな?
わしには、さっぱりわからんぞい!

こちらは、プラット。
前回、薬の交換会をやっているという教会に、また来てます。
診察したり、薬を処方したり。
薬代を心配している女性に(保険で買えます)、っていったな。
あとは、サンプルの薬を渡したり。
なんや♪プラット、ええことしてますやん!
この教会の牧師さんも、強引やで。
プラットが「これ以上(個人的に)援助できない…」
って、いうてるにもかかわらず、
(中途半端は良くない…年間10万ドルあれば)
って牧師さん。
いくらボランティア活動とはいえ、プラットも大変だなあ。

プラットのやっていることに共感をもったインターンのホープ、
製薬会社に魂を売って(?)ゲットした…という、大量のサンプル薬を
教会まで一緒に運んでたでなあ。
しかし…ホープのお尻をニヤニヤしながら眺めていた
牧師の視線が…なんか気になるよな?(怖)

ルカに、封筒が届く。
あけてみると、ジョーのお気に入りの「かえるちゃん」だった。
イニシャルをみて、ルカは送り主を(エイムス)だと直感。
別件でやってきた警官に、エイムスと話をしてくれ…と頼んでた。
本当のことが話せず、イライラした気持ちを、アビーにぶつけ
仕事に持ち込んでしまう、ルカ。
(悩み事があるなら相談に乗るわよ)
って言われてたよなあ。結局、それでも話すことができず
(悩み事は解決した。)っいうてたけど。。大丈夫なのかなあ。

メディアの仕事もするようになったケリー。
中学校の食堂で、ロケをしていたとき、一人の女子生徒が
急に苦しみだす。どうやら、気管に食べ物が詰まったらしい。
ケリー、とっさに、気管切開をし、救命措置をする。
その様子を一部始終撮影し、興奮した様子で話す
女性プロデューサーのコートニー・ブラウン。
うーむ、この二人、ちょっぴりいい雰囲気だったよな。

ホームレスの子どもたちが、病院の前を通り、ゲイツがみつける。
ポーリーという少年が、どうやら、狂犬病にかかっているらしい。
(死亡率100%だわ…)
そういうニーラに、ゲイツは、
(99.9%だ。一人助かったことがある、この子は二人目にするんだ。)
と、諦めずに治療するよう、励ます。
テラーという少年が、ニーラをみて
(ブルーレディーだ!)
と叫び、きっと助かる!と目を輝かせる。

ポーリーは危険な状態で、ニーラも諦めてしまっていたんやけど
奇跡的に、一命を取りとめるねん!
秘密の名前「メーデー」の、なせる業??
こどもたちが、口にしている悪魔と天使の、不思議な物語…
ブルーレディーって?

「俺が帰ってくるまでに出て行け。」
そういって、再び出かけたプラット、
自宅に帰ってみると、チャズが荷物をまとめているところやった。
(大学から近いので…という理由だったんじゃないのか?
こんなことをするためだったのか?)
そう問い詰めるプラット。しかし、チャズは
(自分も悩んできた。ある日突然こうなった。でも、誤解だ。)
と、訴えるねん。しかし
(俺は認めない!)
といってプラット、バスルームに閉じこもってしまうンや。
しばらくして、ドアの閉まる音…チャズが部屋を出て行った…

ラスト、プラットはチャズを追いかけて、家につれて帰ってたな。
カッとなって、出て行け!といったものの、
弟だって悩んでたんや…そう考え直したのかな?
プラットも、いろいろ大変やなあ。

アイクの店で、ルカの勤務が終わるまで待っている、アビー。
携帯で、ベビーシッターに(お?誰に決まったんや?ブラジルの美人?)
いろいろ指示を出す、アビー。
その横で、ビールを飲んでる初老の男性、エディ。
二人は、お互いのことを、いろいろ話しております。
そこへ、ルカが迎えに来ました。
エイムスのことは、やはり話さず、手を繋いで家路へ…。

********************

本日、レイ、モリス、お休みやーん!
そいでもって、クレンショーも出てないぞ〜!
あ、これは、別にいいか?どっちでも?(笑)

来週は、ニーラとゲイツがベッドの中で??
プラットがケリーにチャズの相談??

うーむ、楽しみ〜♪


posted by マーク at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ER13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

今回のエピはいまいち分かりにくかったです。
ニーラがブルーレディってことだけはわかったんですけどね。ブルレディーって「青い鳥」みたいなものなんでしょうか??も1回、ビデオ見直そうかな。

ルカに送られてきた封筒には、アビーが落としたカエルのぬいぐるみが入れてありましたね。ルカが警官に言っていたように、やっぱりあれは脅迫なのかな・・・。それとアイクの店でアビーに話しかけてきたエディっておじさん、あの人もちょっと気になりましたね。二人が出て行ったとき、ちょっと顔が変わったような・・・。思い過ごしならいいんですけど。

ニーラとゲイツの仲といい、プラットの弟のチャズの問題といい、今後がますます楽しみです。

それでは、お邪魔しました♪
Posted by 玲瓏 at 2008年11月19日 15:40
>玲瓏さん
こんにちは!

そうやねん。ブルーレディって、一体どういう「意味」なんやろな?
天使(ブルーレディ)と悪魔(鬼女)とかいってたよなあ。
エディさん、まだあの続きがあるようで…。
エイムスのことといい、なんだかルカとアビーの周辺で、いやなことが起こらなければいいけどなあ。

いつもコメントありがとう!
Posted by なにわのマーク at 2008年11月19日 21:07
マークさん、こんばんはっ!
コツ(?)を教えていただいてやっと書き込みできました〜ありがとう。
ケリーと女性プロデューサーは進展するのでしょうか?
ケリーに幸せになって欲しいけど、悲しい目に遭わないかな?とちょっと心配です。
Posted by えみねこ at 2008年11月24日 18:23
>えみねこさん
こんにちは!
無事に書きこみできたようで、なにより♪

ケリーとコートニーさん、今回もいい雰囲気でしたなあ。
プラットが、コートニーさんをデートに誘うつもりやったみたいで…(笑)
(あなた、わからないの?)
なーんて、ケリーに言われてて( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
Posted by なにわのマーク at 2008年11月26日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。