2006年02月18日

ER2−12「これも人生」True Lies

マークの作った「目玉トースト」って、硬そう〜(爆)

つい先日まで、絶好調だった、カーター。
患者の家族を説得し、手術を承諾させたことが
ヴューセリッチに褒められて、有頂天になってたんやろな、
ルバドゥーさんの妻の手術の件でも、
自信満々に手術についても説明をし、
ルビーさんの信頼を得て、新しい手術方法で行われたんやが・・・。
術後の状態があまりよくなく、
もう二度と退院できないくらい悪くなってしまった。
それなのに、カーターは、事実をルビーさんに話せず、
結局、ルビーさんの怒りを買ってしまうことになったんや。

ジェニーには、見抜かれていたよな(笑)
ルバドゥーさんにまとわりつかれて、
(重荷だった?)
って聞かれてた。

そんなジェニー、ベントンと同伴で 
ヴューセリッチのパーティに出席。
なかなか、かっこよかった!
ベントンの
「トリュフが、ない!」 
には、笑ったけど(笑)

女子高生のかっこうで(?)登場の
モーゲンスタン部長、
実は、スコットランドのゲーム
「丸太投げ」のコスチュームだった。
ゲームの最中に怪我をしERにやってきた・・というわけ。

ところで、あのでっかい回虫みたいなハギスやけど、
中身は 「血、腸、睾丸をオートミールに混ぜたもの」
と聞いて、マークとスーザン、固まってたっけ(爆)

かわゆいレイチェル、両親の離婚を知らされ、
ショックのあまりに、泣き喚いてたな。。(涙)

ガードレースが突き刺さった患者の
手術を行っていたベントンとヒックス部長。
ベントンが大動脈形成をやらせて欲しい!
自信があるのでやらせて欲しい!
と頼み込み、ヒックスはOKする・・・が、
患者が危険な状態になり、呼び出されたヴューセリッチが
ベントンと交代する。

これでもうヴューセリッチに嫌われた・・・
と思っていたベントンだけど、
逆にそのチャレンジ精神を買われていたな。
後継者・・・とまで言われとったぞ。

ま、ざっとこんなとこ?(笑)
今日は、リリーがとってもきれいだな〜と思ったのと、
コニーのおなかが大きかった!
もう(だぶん、ホンモノのおめでた♪)

スーザンとマークのスケートシーン。
(スージーとレイチェルも一緒♪)
これで二回目か?
いやあれは、エリザベスとやったか?
あ〜ボケてきた!!
そーいやあ、カーターとケム(ER10)もすべってたっけな?

トリノオリンピック選手のような、
すばらしいすべりじゃなかったけどな?(笑)

r-banarg.gif
>ドラマランキング→応援よろしく〜♪

にほんブログ村 テレビブログへ
ブログランキング ブログ村→今日は何位でしょうか?





posted by マーク at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ER2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。