2006年03月21日

ER3−15「険しい回り道」The Long Way Around

ユアン・マクレガーが登場しまっせー!

ママからの電話で起こされるキャロル。
まだ、停職中で家にいるんやなあ。
ママからショッピングに誘われるけど、
(ひとりでいってらっしゃいよ。)
などと話している。
冷蔵庫に何にもないので、
キャロルはコンビニに買いに出かける。

コンビニの店主やその奥さん(ノボトニーさん)とも
顔なじみで、朝の挨拶をしてる。
買い物をしていると、何か様子がおかしい。
振り返ると、レジのところに二人組の強盗が
(金を出せ!)と銃を向けていた。

店主のおじさんが、銃を向けるのと同時に、
犯人(ダンカン)が発砲、おじさんが撃たれる。
おじさんの銃で犯人のひとり(ジェームス)も撃たれる。

すでに警察に通報されていて、周りは警官に囲まれている。
ダンカン(ユアン・マクレガー)は、撃ってしまったことを
後悔し、相棒のジェームスにグチをこぼすが、後の祭り。
キャロルは自分が看護婦だと言うことを名乗ると、
まずはジェームスを診ろ!と言われる。
簡単に応急処置をし、次に撃たれたおじさんを診る。
店の中にある物品(生理用品、ドライバー、ストローなど)
を使って、懸命に処置をするキャロル。
普段ならドクターがやっているような治療をしてるねん。
しかし、おじさんは助からなかった。

3-15.jpg

人質は、小学校の女性教師アンジー、パン屋さん、
キャロルのことを(ミス・ハサウエイ)と呼ぶかわいい少年、
お薬を買いにきたおじいさん、店のおばさん。

(アメリカにくるんじゃなかった・・・)
そうぼやくダンカン。 ダンカンの話によると、
ジェームスはいとこらしい。
自分はスコットランド人らしいぞ。
ダンカンは少しキャロルに心を開いてくれてた・・・
そんな感じやったでなあ。。

ジェームスの出血が多くなり、(このままだと死ぬよ。)
とキャロルはダンカンに言う。

裏口から逃げられることがわかり、
ダンカン、キャロルを人質にとり、店を出る。
裏通りに出たところで、警官に呼び止められる。

3-15b.jpg

とっさに逃げ出す、ダンカン。
(にげないでー!!!)
キャロルが叫ぶも、ダンカン逃げ出す。
そして、警官が発砲、ダンカン倒れる。
駆け寄るキャロル、(救急車を呼んで!!はやく!)

ダンカン、カウンティに。
キャロルが心臓マッサージをしている。
ダグが心配そうにしているが、キャロルは
ダンカンを救うことに必死になってる。
しかし、結局彼は死んでしまう。

(キャロルが人質だということしか、情報がなかった・・・)
と、ダグがとてもキャロルのことを心配していたなあ。。。

犯人ではあるけれど、助けたかった・・・
その願いはかなわなかったけれど、キャロルは
(私はこの仕事がすきなの)
とケリーに言ってた。ケリーは(まってるわよ。)
と、優しく話していたな〜♪

そーいや、ダグまだ杖をついてた。
ああ!!マークが出てなかった!!

それにしても、ユアン・マクレガーの吹き替え
「バイキンマン」じゃ、雰囲気でーへんねんけど。。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


【ER緊急救命室〜なにわのマーク、語る〜】
が、参加しているランキングサイトです!
よろしければ、ポチッとお願いします!

・FC2 Blog Ranking
・エンタメ@blogランキング
・にほんブログ村 テレビブログ
・ブロギランキング「RanQ」
・人気ブログランキング
・ブログランキングBloking  



posted by マーク at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ER3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。