2010年11月04日

ER15−5「ほろ苦い再会」Haunted

ray-2008-1.jpg

今日はハロウィーン。
ERも、ご多分に漏れず、仮装した患者がたくさん!(笑)
フランクは、ジュリアス・シーザーやし、
マーチンは、人魚姫で出勤してくる!
そんな様子をみて、眉をひそめているのが、バンフィールドER部長。
「仮装したドクターにガンの告知をされたら、どう思う?」
…確かに(-_-)ウーム

14シリーズで、ブレナーに遊ばれた(?)医学生ラバーンが再登場。
くるくるカーリーヘアを、ボブスタイルにして、イメチェンや。
「その髪、いい!」と、サムに褒められたな。

医学生の指導、今回は、モリスがマーチン、
ブレナーは、ダリアとラバーン・・と、
組み合わせる、バンフィールド。
ゲイツは、他の用事を頼まれてて、フリー状態。
ラバーンは、ブレナーとの一件で
「もうたくさん教わりましたから…」
と、ブレナーと組むのを拒否したけど、
バンフィールドには聞き入れてもらえず。
しかたなく、一緒に行動するんやけど…。

このところ、ブレナーがあまりにも「優等生」で、
少々つまらなくなってきたよな(笑)
スケジュールの予定を、早々に提出したり、
きちんと(?)医学生を指導したりしてる。
ラバーンには、少し負い目があるのか、ほんとに
きちんと教えているのが、つまらん(爆)

フランクがモリスをつかまえて、
フランケンの仮装をしている患者を診ろ!と言う。
ぶつくさ文句をいいながら、フランクに引っ張られて患者の元へ。

胸をフォークで刺された少年マイケルが搬送されてくる。
ブレナーが担当し、ダリア、ラバーン、サムも一緒。
途中で外科のアンドリューがやってきて、
患者の状態を説明するんやけど、ダリアと息がピッタリ!
(この二人って・・・二卵性双子?)

サムが麻酔科の看護師の資格を取るために勉強してる
と、話すと ラバーンもダリアも、
「子育てをしながら、働きながら、よく勉強ができますね !」
と、尊敬のまなざしやったなあ。

ケンカをして鼻血が止まらない少年ダニーが搬送されてくる。
兄のスコットも一緒に付き添ってくる。
治療するのに親の同意書が必要・・・とブレナー。
どうやら、このケンカの相手が、
フォークで刺されたマイケルだとわかる。

「5分おきに呼び出さないで!」
プリプリ怒りながらERにやってきたのは、ニーラ。
「カーテン3号に重傷患者が…」
モリスは、そう言い、
ニーラをフランケンシュタインの仮装の患者のところへ。
「はじめまして。どうかしました?」
「首を怪我して…脳の移植が必要…なんだ…」
そういってフランケンの被り物をはずすと…
なんと、レイ・バーネットだった!

元気そうなレイ。
あの事故からどのくらいたってるんだろう、
見違えるほど元気になってたなあ〜。
ほいでもって、カーボンファイバーの義足で
すいすい歩いてるしっ!!
ERのみんなと再会を喜び合ってたなあ〜♪
現在レイは、物療内科とリハビリのドクター、
みたいやな。

おおっと…気になっていたゲイツとは。
「よう!」「元気だ!」
と、やっぱりどことなーくぎこちない(笑)
けど、やっぱりニーラたんの嬉しそうな顔がええな〜!

そんな二人のところへ、
「ケイスン先生の講義を受けないか?」
と、やってきたのがゴールデンボーイのブレナー。
隣にいるレイを全く無視して、ニーラと話し続けてる。
業を煮やして、レイのほうから
「レイ・バーネットだ」
と自己紹介なんかしてしまう。
ブレナーは、わざとらしく気が付いたようなフリしてたなあ。
あああああ・・・また同じパターンにならなきゃいいが。。

ニーラと一緒に外科に行く、レイ。
ニーラの仕事ぶりに、目を細めている。
ずいぶんと成長したもんだなあ〜と思ってるんやろな。
「あと20分で終わりだから、コーヒーでも飲みましょ♪」
ってニーラはいうんやけど、レイは運動しよう、という。

義足をランニング用(?)に取り替えて、ニーラと走るレイ。
すごいな!あんなにビューンと走れるやなんて!
ニーラもレイが元気になって、ほんとうに嬉しそうや!

こちら、鼻血のダニーくん。
やっと連絡が付いて、ママがやってくるねん。
「ダニーがケンカなんて信じられない!」
と、兄のスコットに理由を尋ねるが なにもない、という。
「そんなはずないでしょ!」
というママに対して
「自分のしてることがわからないのか?」
と怒り出すスコット。
どうやら、ママはスコットの同級生のマイクと
付き合っているらしい。
そのマイクがクラスのみんなに
「スコットの母親は誰とでも寝る『やらせ女』だ!」
と、言いふらしているらしく、その事を聞いたダニーが
マイクに殴りかかり、ケンカがはじまったらしい。

ダニーの容態が急変する。
大至急挿管することになり、ダリアが試みる。
ところが、隣の外傷室にいたマイクとママが口げんかをはじめ
汚く罵ったのを聞き、兄のダニーが
マイクに殴りかかり、大騒ぎとなる。
挿管をサポートしてたブレナーが、
一旦中止を命じて隣の外傷室へ行くが、
ダリアは「できません!ブレナー先生!」とパニック状態。
そばにいたサムがとっさに代わり、挿管する。

今日はペアじゃないのに、ゲイツにつきまとっていたダリア、
ゲイツも看護師を見下したような言い方をしていたので、
サムは、かなり二人にムカついてたよなあ。

ペットの鳥が逃げ出したので、
それを追いかけていった少年と
部屋に閉じ込められたゲイツ。
環境の変化で無口になってしまった
少年の心を解きほぐしてたのは、さすが〜やねんけど、
レイとあまり遭遇させないため??なんて思ったりして(笑)

警官に撃たれた患者ジェイムズが搬送されてくる。
ジェイムズは、警官の仮装をしており、本物の警官に銃を向けてしまい
相手の警官が身の危険を感じ、発砲したらしい。

「自分が撃った」と、ホンモノの警官がやってくる。
20年間警官をしてて初めて撃った・・・という警官は、
責任を感じており、患者のそばから離れようとしない。
パートナーの女性警官もやってくるんやけど、
自分の責任だ・・・といい、病院から出ようとしない。
そんな彼を、バンフィールドは、じっと話を聞き
かばっていたよな。

マイクとケンカをしたスコット、
手に怪我をして、ブレナーが治療している。
ママのことを憎い・・・というスコットにブレナー
「ママは確かにいけない。でも憎むのはよせ。辛くなるだけだ。」
そういって聞かせていましたなあ。
そのあと、外でタバコを吸うママをみつけて、
「いい母親になったら?スコットの気持ちを考えたことありますか?」
と、説教じみたことを言って、ママを怒らせていたなあ。

こちら、ニーラたんの自宅。
レイと「おうちごはん」 しておりまーす。
二人はあのときの事、お互いの気持ちを言い合ってます。
レイは事故の後、自殺をした、とニーラに話すんや。
一度自殺を図っているので、ママが心配するんだ・・・
って、グチってたけど。。
何も知らなかったニーラは、ショックを受ける。
けどレイは、あの事故の後どうしたら、精神的に立ち上がることができるのか
一生懸命考えた、という。
そして、進むべき道も見えてきた・・・と。

二人がいい雰囲気になったとき、ドアをノックする音が。
近所の子どもがお菓子をもらいにきたんでしょ。
と、無視していると、またノック。
「悪いけど・・・」
と、ドアを開けると、そこにブレナーが立っていた…。

なんとまぁ・・・またですか。
どうしてこう、何度も何度も、ニーラたんとレイの間に
邪魔が入るのでしょう!!
ニーラが引き止めたんやけど、
「オレはもう大丈夫。キミも平気そうだし…」
そういって、レイは帰っていってしもたんや〜!

************

レイとニーラ。
事故後、病院で会って以来の再会やったんよな?
いろいろあったけど、
「それを克服できて強くなれた」
そう話すレイは、もう心配ないようにみえた。
この二人は…やはりルームメイト以上には
なり得ないのかもしれんな。
ほろ苦い再会、や(・・、)

ほいでもって、来週〜!
おっと、チャズが医学生で登場?
ほいでもって、 バンフィールド部長の謎が明かされるのか?
またまた、楽しみですな!
posted by マーク at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | ER15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レイ帰ってきましたねー(^_-)最高でした!!!

ただ、ランニングのシーンはどうやってやったんでしょうねー
すごい義足でした★やっぱ、アメリカの撮影技術はすごいです

ブレナー、医者のときは好きだけどニーラとのときはやっぱり嫌です…せっかくレイと一緒に良い感じだったのに……って感じですね!!
レイはまた戻ってくる気がするから期待して待ちます
Posted by yuki♪ at 2010年11月05日 10:53
マークさんこんちわ!

レイたん帰って来ました!!
うれしい限りです。私もあの撮影はどうやったのか不思議なくらい高度な技術だと思いましたよ。
モリスがさりげなく「俺の知る限りニーラは今誰とも付き合っていない」と言ってあげるあたり、最高ですモリス。最近私の中でのランキングが上がってきちゃってますよ。
レイ&ニーラ ハッピーになって欲しいです。
Posted by Miyo at 2010年11月05日 12:01
こんにちは♪
他の方もコメントされてるように、僕も義足でのランニングシーンにはびっくりでした。
ニーラとレイ、今後はどうなるんでしょうね?
このまま友達で終わりって感じには思えませんが・・・気になります。

マークさんも書かれているように、昨日のブレナーはやけにフツーのドクターに見えちゃいました。最初が超とげとげしいキャラだったので、真面目になっちゃうとホント面白くないですね(笑)

来週はバンフィールドの謎の面が少しは分かるみたいなので、また楽しみです☆
Posted by 玲瓏 at 2010年11月05日 14:09
レイ、行っちゃった・・・
大きな山を乗り越えた様なので
喜ぶべきなんでしょうね・・・

ブレナーがバンフィールドのこと
「ケイト」って呼んでませんでした?
やっぱなにかある・・・
どきどき・・・
Posted by 蝦夷地のジン・メイ at 2010年11月05日 15:28
マークさんこんにちは^^

いやはや…レイとニーラ…。再会したのは本当に嬉しいけれど…。 悲しい別れだった14とは少し違うけれどもまた結局別れ…?と、思うと、少々物足りないというか、うーむ!w
この後色々ブレナーと何かありそうではあるけれど、結局最後には、「レイの元へ行くニーラ」って事になって欲しいなぁ…と、勝手にエンディングを作ってますw

看護士のリリー、登場してましたね!
昔からいる出演者が出るとやっぱり嬉しい♪
この際、リディアとかヨシとかコニーとか、
懐かしいどころをもう少し出演させてくれたら嬉しいのに〜〜〜w
Posted by うあ at 2010年11月05日 21:32
レイや〜〜〜っ
元気そうでうれしかったわ。
悲劇的にフェードアウトやんか〜って
思ってたからなぁ。
けどエエ男になってて、ニーラたんはふつくしかった。
二人には越えられない壁?があるけど、このままエエ関係が続いてくれるとうれしいな。

ゲイツとサム。医師と看護師って前にも同じように看護師を下げて見てるみたいなのってあったような。
ま、サムはあんなに意固地にならんでもエエのにって思うねん。
ゲイツせんせもちぃ〜っと浅はかやし、難儀やな。
Posted by たっかー at 2010年11月05日 21:40
マークさんこんにちは。

俺がレイなら絶対泊まって行くのに!!!…おっとすいません。
ブレナーはER伝統のダグ・ロス的ポジションに落ち着きそうですね。プレイボーイだが患者受けは良い、みたいな。
メインの俳優が降板すると他のキャラクターの性格づけも変更を余儀なくされるのかなぁと思ってしまいます。モリスの成長はプラットの降板が決まってたからかな、とか(プラットもカーターやコバッチュがいたらもっと違ったキャラクターだったぽいし)。中心がいないのに尖った奴ばっかりというのはまずいのでしょうけど、それにしてもブレナーは「激変」過ぎる気がしますよね。
妙に分析じみたことばかり書いてしまいましたが、つまり言いたいのは、最後まで軸がブレることなく嫌われ続けたロマノは偉大だったということです!
長文失礼致しました。
Posted by なにわのヨシ・タカタ at 2010年11月06日 09:58
> yuki♪ さん 
こんにちは!
レイ、帰ってきましたなあ。
義足でランニングのシーン、ほんま、どうやってるんやろ。
ニーラと並んで走ってるシーンは、すごいよな。

ブレナー、ドアをノック・・・は 確信犯やでな!



>Miyoさん
こんにちは!
そうそう…モリスが
(ニーラは誰とも付き合ってない)
と聞き、うれしそう(?)な表情にも見えたけど
あれだけニーラに引きとめられていながら帰ってしもた。
ブレナーが邪魔したから??いやいや、なんかそうではないような気がする。
レイの中では、ニーラは別の意味で特別な存在なのかもしれないな。



> 玲瓏さん
こんにちは!
せやろ!?ブレナーは、フツー過ぎておもんなーい!
アナタのキャラはそうじゃないでしょ?って ツッコミたくなったわあ!
ま、ニーラたんのときは、ちょっと「ゴールデンボーイ」ってたけどな( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



> 蝦夷地のジン・メイ さん
こんにちは!
うん!「ケイト…」って言って
めっちゃ怒られてたよな?
わしは、(上司に慣れなれしくしない!)っていう意味かと思ってたけど
ま、ま、まさか、こっちでも、ゴールデンボーイってたのか??( ̄□||||!!



> うあ さん
こんにちは!
ああ〜ん、忘れてた!書くの〜!
リリー、久しぶりに登場やったよなあ!
メインキャストのほかにも、ちらっと脇役的な俳優さんも出てきてくれたらうれしいなあ。
受付のジェリーやランディーもっ!!



>たっかーさん
こんにちは!
少々ご無沙汰や(;^_^A アセアセ・・・
ドクターと看護士がくっつくと、必ずコレでもめますな。
ダグとキャロル、カーターとアビー、ありましたなあ。
ゲイツ、やけど、すっかりブレナーにお株を奪われてしまったので
どういうキャラでいくのか、いまいちわからへんよな?
サム、一筋になるのか、またまた、いい加減な男に戻るのか?



> なにわのヨシ・タカタ さん
こんにちは!
おっしゃる通りっすよ!
ダグ的キャラが、ゲイツなのか??と思ってたら、そうでもなく
ブレナーなのかなあ?と思っていたら、優等生になってしまうし。
アホバカモリスが(あ、しつれい!)、あんなにいいドクターになるってしまうなんて、
登場したころは、思いもしませんでしたな。
嫌われ続けてたけど、ファンがめっちゃ多いロマノ大先生。
そうです、ブレナー…ちゃうちゃう、ブレないでしっかりしたキャラクターを貫き通したからこそ
でありますっ!
看護士、ヨシ・タカタも、再登場せんかな?(笑)
Posted by なにわのマーク at 2010年11月06日 11:33
マークさん、こんばんはぁ〜
レイ成長してましたね。引きとめられても帰るところがカッコいいのか?でもニーラたんを泣かせたらあきまへんっ!
ゲイツもブレナーもキャラが変わりすぎゞ
なんかいい人になりすぎないでほしい〜
今回はドゥベンコ出てませんでしたね。
んでもってロマノ先生ファンがめっちゃ多かったってホントですか?知らんかったけど良かったぁ!実は隠れファンのひとりでした(^m^)
Posted by えみねこ at 2010年11月06日 18:18
ワタクシ、そろそろニーラがガラントと結婚していたことを忘れそうなんですケド…。そして、レイとブレナーの間にも、肉眼で見えるくらいの火花が! それにしてもプラットの死は、いろんな意味でモリスの重圧というか、いまだにショックから立ち直りきれていないような…。
Posted by FF at 2010年11月06日 23:34
>えみねこさん
こんにちは!
なんか〜わし思うねんけど
レイは、悟ったのかもしれん、と。
ブレナーが部屋を訪ねてきて、ニーラが怒って追い返した…
それは確かに自分のことを想ってくれているからだと、わかる。
せやけど、両足を切断する大けがを負ったそもそもの原因は?
そう…自分とニーラとゲイツとの、三角な関係がひとつの原因でもあったよな。
つらい経験をようやく乗り越えて、元気になってニーラに会いに来た。
すると、どうや?そこにはまた、ブレナーという存在がおったわけや。
いやでも、あの時を思い出すやんかあ。。。
だから、レイはそのまま帰ったん違うか?
と、思ったり。
つらいの〜ぅ(ノ△・。)

せやで!
あんな憎たらしい役やったのに、ロマノ大先生ファンは、多いっす!わしも、好きやで〜ぇ。



>FFさん
こんにちは!
うんうん♪ほんまやなあ。ニーラたんは未亡人やったねんな。
レイは、ER11から登場してるけど、ガラントとの結婚、そして戦死、ゲイツとのいろいろあったのも、み〜んな知ってるわけやもんなあ。

モリスのプラットに対する「思い」が、次回の医学生一年生を特別扱い??ていうことに至るんやろな?
楽しみや!
Posted by なにわのマーク at 2010年11月08日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。