2010年11月18日

ER15−7「医者よ 自らを癒やせ」Heal Thyself(おまけ映像)

15-7c.jpg


冒頭にて。
エリク・ラ・サル氏による
2008年に死去したマイケル・クライトン氏へのコメント、あり…
ご冥福をお祈りいたします。

医者よ、自らを癒やせ
カファルナウムでしたことを
ここ郷里でもするがいい

ルカによる福音書 第4章23節


ケイト・バンフィールドの自宅。
息子・ダリルのベッドに寝転がる、ケイト。
ケイトを探す夫・ラスの声。
「この壁紙、きらい」
などなど、ラスにつっかかるケイト。
どうやら、ラスの両親との夕食の場で、息子の話になったらしいな。
(昨夜は何を考えてたの!アレを話題にして…)
そういうケイトをみて、ラスは
(せめていると思っているのか?もしそうならココにはいないよ。)
(あなたがどう思ってるかなんて考えたくもないわ!)

こちらカウンティ。
ゲイツとサムファミリーの「合併」は、
少々のもめごとがあるようやけど、まあ、楽しくやっているようやで(笑)
こちら外科インターンのアンドルーが担当してるバーサさん。
勝手にうろうろしてるようで、あわてて後を追いかけてる。
相変わらず検査や診察に時間がかかる…などなど
女性トイレでアンドルーに愚痴っております。
(おかげで便が赤くなっちゃったわよ!)
症状を詳しく聞こうとするが、愚痴が止まらない(笑)

バンフィールドからニーラのインターン指導方法に問題あり、と
部長会議の時に聞かされていた、ドゥベンコ。
ニーラたん、面白くないようやな。
しかしながら、自分のやり方は変えないニーラたん。
外科の回診で、バーサさんの所見を話すアンドルーの
話を全部聞かずに、自分の「ものさし」で結論付け、終わらせてしまう。

湖畔をジョギング中のケイト。
ラスからの電話を受けていると、救急車が到着する現場に居合わせる。
みると、男性とベビーカーが水の中に。
どうやら、娘が水の中に落ちたらしい。

救急車の同乗してERにくる、ケイト。
20分間も水の中につかっていた少女は、危険な状態。
…そんな中、ケイトはあることを思い出していた。

公園でボール遊びをする、男の子とラス。
男の子の名前はダリル、ラスとケイトの息子である。
ケイトも一緒にいる。
(パパはクオーターバックだ!)
そういって、ボールを投げるラス。
(もう、疲れちゃったよ〜)と言いながら走っていくダリル。
幸せそうな家族だ。
 
15-7g.jpg

ERインターンのマーチンにまかせて、着替えに行くケイト。
そこへ、ゲイツがやってきて、
前回の元軍人のホームレスの受け入れについて
ケイトに頼み込んでいたな。
マックス・ゴンザレス。
ゲイツと同じ部隊にいたイラクのヒーロー。
しかしながら、脳障害で除隊することとなった。
陸軍では、入隊前から脳に障害、その後
人格障害だという事なっていたが、ゲイツは、
爆発による損傷だと考えており、なんとかカウンティで直せないか…と
走り回っているようや。

湖に落ちた少女の母親がやってくる。
治療中のモリスやマーチンに、母親に話をするように言うが
二人とも手が離せない。
(部長のほうがいいんじゃないですか?)
と、マーチンに言われて、外傷室を出るケイト。
心配する母親に(取り乱さず冷静に…)と応対するんやな。
なんか、冷たい感じがしますなあ…。

(もうひとりこどもがほしい?)
仲良さそうなケイトとラスが、そんな話をしていると、
(すみません!あれ、お宅の坊やですか?)
みると、ダリルがけいれんを起こして倒れている。

15-7h.jpg

二人をすぐ駆け付け様子を見るが、
ケイトは「熱性けいれん」だといい、救急車を呼ぼうか?というラスに、
前にもあったから大丈夫、という。
 

アンドルーの担当していたバーサさんが急変する。
大量の消化管出血で意識不明。
突然のことで、アンドルーも理由が分からない。
ニーラ、ドゥベンコとともに、懸命の蘇生術を行うも、
残念ながら亡くなってしまう。
ショックを隠しきれない、アンドルー。

「バンフィールド先生!冷凍少女が心室性頻拍!」
マーチンに呼ばれて外傷室へいくケイト。
検査結果がなかなか下りてこなくて、イライラしている。

人工心肺装置のエクモが、ないという。
一台は使用中、もう一台は修理に出しているという。
それを聞いたケイトは、(他の病院へ移す)という。
これには、モリス猛反対。
(うちで受け入れた患者なんだ!ベストを尽くすべきだろう!)

(病院に行く必要ないわよ。)
前にもあった熱性けいれんだから、自宅で様子をみる、というケイト。
前とは様子が違う、病院へ連れて行こう…いうラス。
20分待ってもよくならなかったら病院へ連れて行くわ、と話している。


患者を死なせてしまった、アンドルー。
トイレで便が赤かった…と話していたのを思い出し
ニーラに告げると、
(カルテに書いてなかった。なんで回診の時に言わなかったの?)
と問い詰められると、アンドルー。
(誰も聞こうとしなかったんだっっ!)

落としたカルテを拾っていると、ケイトがやってくる。
一緒にカルテを拾いながら、
(患者を殺さないといいドクターにはなれない)
と、声をかける。しかしショックの大きいアンドルー、
(それは医者の口実)
といい、行ってしまうんや。

(まだ、15分しか経ってないわ)
(やはりおかしい!)とラスが救急車を呼ぼうとしたとき、
ダリルが目を覚ます。
(心配したわよー)と、ケイトが水を飲ませようとすると、吐血する。
(救急車、救急車を呼んで!!)

湖に落ちた三歳の少女が急変する。
ケイト、胸を開いて心臓を直接温める、という。

ダリルと一緒に救急車に乗っているケイト。
ピックマンの顔が見える。
(どこか火事なの…)ダリルがうわごとのように話す。
(さ、つきましたよ。)とピックマンの声に振り向くと
「カウンティ総合病院のグリーンです。お母さん?」

体内パドルで直接電気ショックをする、ケイト。
まだ、動かない…。

(関係者ですか?)
懸命の処置をするグリーン先生に、ケイトはドクターとして
あらゆる可能性や意見をいう。しかしグリーン先生に
(今は患者の母親としてみていてください!)
と、言われる。

ヘレエに(エリザベスが仕事かな…)といい、薬を飲むグリーン先生。
どうやら、ケイトがカウンティを訪れたのは、
グリーン先生が脳腫瘍で治療中の時みたいやな。
とっても体がしんどそうや…マーク(涙)


 体内パドルを使っても、心臓が動き出さない。
(落ちる時、どこか打ちましたか?何か薬を飲みませんでしたか?)
そう尋ねるケイトに、母親は、父親の血圧の薬があるのを思い出す。
みると、ビンの中身が空になっていた…。
誤飲した薬物が特定できたので、急いで対処するケイト。


ダリルが脳卒中だということが判明。
なぜなのか、グリーン先生にもわからない、という。
ダリルの様態が悪化し、心臓マッサージをはじめるグリーン先生。
(家族に血液の病気の人はいませんか?)
と尋ねるが、二人とも心当たりがない。
そこへ、「マーク!上で待ってるわよ。」とケリーがやってくる。
体調が良くないグリーン先生を気遣い
、化学療法の時間だと言いに来たようや。
(今は手が離せない)。

受付のジェリーが(血液の検体がだめになった)と言いに来た。
一時間も放置されていたせいだ…といい
ヘレエが予備に取ってあった血液を見るグリーン先生。
そして、ヘレエに腫瘍科に電話するようにいう。
(はっきりした診断なしでするつもりなの?)
(痙攣、脳卒中、凝血…それしかない。)
(大変…)青ざめるケイト。
なんと、ダリルは白血病に冒されていたのである。


カルシウムを投与して、状態が改善されてきた少女。

白血球が16万7千もある…ダリル。

体内パドルで、心拍が回復する、少女。

心臓マッサージのかいもなく、ダリルは亡くなってしまう。
泣き崩れるラス。茫然とするケイト。


ケイトの頭の中で、ダリルのことが交錯する…。

外科へ運ばれていく少女を見送るケイト。
母親がお礼をいいにくるが、お礼を遮り
(いい結果になってよかったですね)

亡くなったダリルのそばにいる、ケイト。
グリーン先生がやってきて、(検視官を待っています)という。
(きれいにさせて)(チューブも抜きたいわ)
マーク、話します。
「いまさら私が何を言っても始まらないでしょうが、
今気持ちを奮い立たせるのは、どんなに難しいことかは
多くの経験から承知しているつもりです。あなたとご主人がお互いに…」
そういいかけたとき、
「グリーン!ちょっといいか?」
と、ロマノ先生が呼びに来る。

「おい!腫瘍科にかみつかれたぞ!どういうつもりなんだ!」
「今、手が離せなくて」
「いやな奴におべっか使ってなんとかあと1時間、
化学療法室をキープしておいたからな!すぐにすっ飛んで行かないと、
お前の薬を闇市に高値で売り飛ばすぞ!」
「まだ…」
「小言ばっかりいうな!勝手にガンになったくせにっ!」
そういって、ロマノは行ってしまいます。。。

「呼ばれました。終わり次第、またきます。」
そういうグリーン先生に、ケイトは
「まだ答えは聞いてないわ。」「抜管はできません、規則です。」
というと、ハサミを渡し「カットしてください」といい、
グリーン先生は行ってしまいました。

ラウンジに戻るケイト。
「一生忘れられない症例の一つだ!」
といい、こっそり隠してたビールを飲むモリス。
そして、 「俺にはわかったよ。何かあったんだろ?子供だったんだな?」
そう言われてハッとするケイト。
「救えなかった悔は尾を引くもんだよ」
「それはこども?年は?」
「5歳、息子よ。ここで死んだ。」
「息子さんがこのERで死んだ?よくいられるな!」
「その日から私は抜け殻になった。2年近くアパートを出なかった。
津波のニュースをみて、ボランティアを志願し、はるか遠くに行った。
なぜ、行ったのか、なぜ、戻ってきたのか、
なぜ、息子が白血病になったのか、その答えはまだ出てない。」

運河でたたずむ、ケイト。
また思いだしている…。

15-7f.jpg

ケイトが一人でいると、エリザベスと電話をしながら
グリーン先生がやってくる。そして、
「お別れできなくて、すみませんでした。ほかに用事があったもので…」

15-7c.jpg

「あの症状からは、誰にも診断できなかったと思います。」

15-7e.jpg

「もう少し生きていてほしかった…たとえ1日でも」
そう話していると、ラスが呼びに来る。
「お世話になりました、グリーン先生。」
「お元気で。お二人とも。」
「お大事に…」


「あなた?」
自宅に戻ったケイト。
今度はラスが息子のベッドにあおむけになって考えている。
「泣かなかったね…実はそのことに腹を立てていた。」
と、ラスが話す。そして
「名ばかりの夫婦かもしれない。
でも私は君を責めたことはないよ、一度も。」

するとケイトが話しだします。
「私は毎日、ダリルのそばへ行こうと思ってた。
でも、それは妻としては最悪。夫とのすべてを捨てることになる。
いまでも、あの子が戻ってくる…そう思っている気持がまだ心の隅にある。
毎日が恐ろしかった…この恐怖から早く抜け出したいのに…」
そういって、震えながら泣くケイト。
そんなケイトをラスがそっと支えておりました。

***************************

はあ…言葉が出ないくらい、感動です。
予告で知っていたグリーン先生登場のほかにも、
冒頭のベントン先生、それに、ロマノ、ウィーバー、ジェリーまで!!
あのころと比べたら、ちょっと老けた感がありましたが、(笑)
そんなの全然構わない!ERでまたグリーン先生に会えるなんて。
こんなにうれしいことはございません。
ああ・・みんなも感動を語ってくださいや!

そいでもって来週や!
今回お休みやったブレナー、なにやらつらい過去があったのか?!
またまた、来週です!よろしくです!

***おまけつき
 
posted by マーク at 23:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ER15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
ついにマークがでてきますね。
興奮しすぎてコメントしてしまいました。
すいません。
Posted by レヨ at 2010年11月18日 22:22
感動しました!ほんとタイムスリップしたような、あの頃のマークが。化学療法してるんだなあ、エリザベス、あの口調、帰る時の服装、雰囲気、懐かしくて懐かしくて、胸いっぱいになりました。ロマノやケリーも変わらずで。感動です。(寝てしまっていて途中から見たので、録画を見なくちゃ。ベントン見れてないあせあせ(飛び散る汗)
やっぱりマークはいいな。愛しのマーク〜!!もう見れないと思うと寂しいな(・_・、)
Posted by こんちゃん at 2010年11月18日 23:53
マークさんこんにちは。

正直「ゲイツの患者のことは来週以降でいいからもっとマークを!」と思ってしまった僕は悪いタイプの古参ファンかも。
ベテランの「患者を殺さないと良いドクターにはなれない」に対して若手が反論、というTHIS IS ER! な感じといい、最終シーズンということで制作スタッフも今までのERにオマージュを捧げてる気がしますね。

ところでウィーバーの登場カット(杖のアップ)がやたらカッコ良くなかったすか?「カッ!」(杖の音)。
Posted by なにわのヨシ・タカタ at 2010年11月19日 18:18
マークさんこんにちは!


もう…なんと言ってよいやら…。
今なお、興奮冷めやらぬです。
これぞ「er」
懐かしくて懐かしくて…。
マークだけかと思いきや、ケリーにロマノにジェリーに…あぁ…。 もちろん現状のerも楽しいですが、やっぱり初期メンバーが出てくると感慨深いものが…。
部長のエピソード、時間をクロスさせる見せ方、
マークが居た頃。
本当に懐かしくてまたer1から久々に見たくなりました。
Posted by うあ at 2010年11月19日 21:06
コメント:
こんばんわ。
今回のエピ、すっごいプレゼントが盛りだくさんでしたね。グリーン先生だけかと思ってたら、ケリーやロマノ、冒頭シーンのベントンまで・・・超感動でした!

しかし、バンフィルードの過去はやっぱり辛いものでしたね。7年経っても未だに消えることのない傷を負ってる彼女のことが痛々しく思えました。でも、シカゴ大学のドクターだったとは恐れ入りましたね。すごい、すごい(笑)

来週はブレナーの辛い過去が明らかになるようで、またドキドキですね。楽しみです☆
Posted by 玲瓏 at 2010年11月19日 22:05
>レヨさん
はじめまして!
コメントおおけに〜♪
マーク出ましたなあ〜!
ケリー、ジェリー、ロマノも。
感激ですわ〜!



> こんちゃんさん
こんにちは!
わしも、冒頭のほんの数分を見逃しており、
エンドロールで、ベントン先生が出てきたもんやから
「なにぃぃぃ?どこに出てたぁぁ?」
と、びっくりしたがな(笑)
シーズン8の一番しんどい時のマークだったのが悲しい。
もっと、キレキレのシーズン2くらいのときがみたかったなあ〜。無理?(笑)



> なにわのヨシ・タカタ さん
こんにちは!
ゲイツ…すんまへんが、眼中になかったな(爆)
ケイトの回想がいつ出てくるか…と思って、ドキドキしながらみてたなあ〜♪
「患者を殺さないといいドクターにはなれない」
何人このセリフを言ったり言われたりしたでしょう?
ほいでもって、ウィーバー登場は、杖の「カツン!」から始まるとは、憎いねえ〜。
あの杖は武器にもなりますからな(笑)



>うあさん
こんにちは!
シーズン8をもう一回見返したくなったなあ。
たぶん一番しんどいときのマーク、やったはず。
ああ…悲しい(涙)



> 玲瓏さん
こんにちは!
なんといってもグリーン先生にまた会えるなんて!
なにわのマーク、こんな感激したことはありまへんで!
ほいでもって、バンフィールド先生。
息子ダリルを亡くしてしまったことで、
ドクターである自分を責め、
母親である自分を責め…
ラスが、救急車を呼ぼう、と何度も言ってたのに
呼ばなかった自分を責めて、
殻に閉じこもってしまったんやなあ…。
今日やっと、心の苦しみをラスに話したな、涙を流して。
少しは心が軽くなったんじゃないかなあ。。
来週からのバンフィールド先生の変化に注目や!(笑)
Posted by なにわのマーク at 2010年11月20日 10:38
マークさん、こんにちは。
一瞬のまばたきも惜しいくらいの
懐かしい面々の登場でしたね。

冒頭のベントン先生は意外でした

でもでもやっぱりグリーン先生ですよね?
先生自身も辛い時期だったんだ・・・
あの頃のエピソードが色々思い出されます。
グリーン先生がいた頃のERが
一番「ER」らしかった。
Posted by 蝦夷地のジン・メイ at 2010年11月21日 11:27
ホントに胸がいっぱいになりましたぁ!
懐かしい人たちがいっぱいでしたね。出来ればエリザベスも出て欲しかったなぁ。みんなに会いたいです!

それとバンフィールド先生の悲しい過去。
私も4年前に父を亡くして、もう二度と会えないとわかっているのに、今でも父が戻ってくるような気がして待っている自分がいます。先生の気持ちが痛いほどわかって悲しかったです。
パーソナルな書き込みですみません(^人^)
来週も楽しみです!
Posted by えみねこ at 2010年11月21日 19:21
あの時間をクロスさせて描く演出、非常によく利いていましたね。(さて皆さんグリーン先生のことについて書いているので、敢えて書かないことにしますが(笑))バンフィールドは、やはりモリスのことをかなり高く評価しているんだろうなあ、と今回も観て思いました。「大切な人を亡くした」という共通点よりも、信頼しているからこそ自分の悲しい過去を告白できたんでしょうね。…というか、次回の予告、ますますモリスが主人公的立ち回りが多くなってきている!?
Posted by FF at 2010年11月23日 01:19
>蝦夷地のジン・メイ さん
こんにちは!
ずっとずっと、グリーン先生を見ていたかったなあ…(・・,)グスン
全編グリーン先生でお願いしたかったなあ〜(笑)



>えみねこさん
こんにちは!
エリザベスも…出るのかな?
マークと一緒だと、もっといいねんけど〜♪
ほいでもって、わしも父を亡くして、はや16年。
長い旅行に出ているような気がしてまっせ。
顔はもちろん、声もしっかり覚ええる。
バンフィールド先生は最愛の一人息子を、亡くしてしまった。
この苦しみから、なかなか逃れられない…
つらいなあ(・・,)グスン



>FFさん
こんにちは!
バンフィールドとモリスは、心の琴線に触れる何かが、あるんやろなあ。
管理職らしいき振る舞いで、自分にも周りにも厳しいバンフィールドと
アホばっかりやってきたけど、ここぞというときやってくれるモリス。
エエコンビになりそうやな♪
Posted by なにわのマーク at 2010年11月24日 06:38
マークさん、とうとうグリーンがでてきましたね。
ベントンも出てきて本当に感激しています。
キャロラインなどももしでてきてくれたら
すごくうれしいのですが、それは無理かな。
Posted by ピッピ at 2010年11月28日 16:15
>ピッピさん
こんにちは!
今後、何人かのキャストは出てくるはずやと思いますで?
けど、わしとしては、ちょっとだけど出てたような人も、出てきてほしい(笑)
たとえば、ボブとか、スウィフト部長とか〜!
タグリエリ、なんて、どう?(・。・)ぷっ♪
Posted by なにわのマーク at 2010年12月02日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169110094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。