2010年12月09日

ER15−10「幸せを求めて」The High Holiday

15-10.jpg

クリスマス・エピやでー♪
これまでのクリスマスエピ
追加・ER14

ER内はクリスマスデコレーションで、にぎやか!
そんななか、モリスにでっかいプレゼントが届く。
いや…プレゼント違うなあ(笑)
モリスのいとこのジョニーが、お父さんの遺品を
(なかなか取りに来ないから…)
と、コンテナに詰め込んで持ってきたようや。
「なんだこれは?」と出勤してきたブレナー、
中にあったチーズの帽子をかぶって、おどけてるし(笑)

そこへ、妊娠36週の妊婦・グロリアが搬送されてくる。
ニーラもやってくるが、これは産科の仕事だ、とブツブツ。
外科の評価も必要、とブレナー。
グロリアは、移民局の強制捜査を受けた時に転倒し
陣痛が始まったらしい。
ほどなく、グロリアの夫もかけつける。
エコー診断で男の子とわかるが、何か異常があるらしい。。

アビーの患者だったが、あとはあなたにお願いする…と言われた
老婦人がモリスを訪ねてくる。
(ケーキを作ったの)
と、チョコレートケーキを差し入れ。
さっそくダリアがパクついております。
「あの」フランクに、(デスクでは食べないの!)と、
注意されてましたで(笑)

バンフィールド先生、なんだか変わったよな。
つきものが落ちた感じ。前回モリスにいろいろ話したからかな?
ゲイツが探している軍人マックスの事を気にかけたりしてる。

アレックスが、いよいよ抜管することに。
病院内の教会で祈っていたサムを呼びに行く、ゲイツ。
ドゥベンコが抜管を試みるんやけど、興奮状態でチューブを噛んでしまい
抜管を断念せざるをえなくなる。
サム…ショックを受けてたな。

モリスから老婦人を任されたサンチェスやけど、
なにやらボーっとしている。そこへ
「モリス先生は今日来てます?」
と話しかけてきたのは…ジェリーッッ!
いや〜ひさしぶりやんかあ!姿を見つけたフランクも大喜びや(笑)
ビール作りに飽きて、アラスカから戻ってきた…らしいど?
そんでもって、ジェリー、モリスの(ガラクタ整理)を買って出る 。

コバーン先生がやってきて、グロリアの赤ちゃんをエコーで見る。
(双子じゃないわね)
どうやら、赤ちゃんの顔から首にかけて、
大きな腫瘤があることがわかる。
腫瘤は、ガンなのかどうか、検査しないとわからないけど
とにかく帝王切開で出産させることになる。

39歳の女性・ルネが搬送されてくる。
ショッピングモールで倒れたらしい。
抱いていた生後6か月の赤ちゃんは無事。
パートナーの女性、二コールが駆けつけてくる。
バンフィールドが、腹部の手術痕の話をすると、
ルネは、小腸にガンがあり3年前に手術した、という。
再発したのかもしれない…という状況なのに
二人はとても明るくふるまっている。
前向きなカップルを見て、バンフィールド何を思う?

(大変!サンチェス先生はどこ?)
ケーキ差し入れの老婦人があわてております。
どうやら、大麻入りのケーキを間違ってもってきたらしい。
それを食べたダリア・サンチェス・・様子がおかしい。
バンフィールドに(今日はかえっていい)と言われておりましたな。

それにしても、あなた、
大麻入りのチョコレートケーキって!
逮捕されまへんのん?
水を飲んで、寝てたら、大丈夫なん?
そっちのほうが心配よなあ?

グロリアの帝王切開のオペがはじまる。
素面のトレイシー、ラリってるサンチェスとダリアは、
パーティー用の食事をつまみながら、見学や。
赤ちゃんは無事に取り出せるが、気道がなかなか確保できない。
早く臍帯を切り、おなかを閉じないと、母体が危ない。
赤ちゃんの気道確保に、懸命なドゥベンコとニーラ。
(もう待てないわ!)と、イライラのコバーン。
間一髪、ぎりぎりのところで、気道確保に成功。
安堵の表情を浮かべるドクターたちや。

ゲイツとサムは、やはりぎくしゃく状態やな。
大切に育ててきたのに、ゲイツの不用意な一言で
こんな事故に巻き込まれてしまった…と、
やはり、ゲイツを許せないでいるようやな。

さきほどのカップル、妻の二コールが廊下で泣いている。
通りがかったバンフィールドが、話を聞いてるな。
そのあと、バンフィールドは、ドゥベンコに 
延命のための手術をお願いしてた。
なんだか、人が変わったように人間らしくなったなあ。バンフィールド。
ちょっとケリーに似てる感じがするでな?

今日のドゥベンコは大忙しや。
「今夜もう一度、抜管してほしい!」
と、サムに頼みこまれてた。
麻酔科の勉強会で仕入れた方法を試してほしい
と、食い下がるサムに、ドゥベンコは押し切られた感じ。
母は強し!祈りも通じて、アレックス無事、抜管に成功する。
アレックス「クリスマスは終わってない?」

探していた軍人・マックスを、ゲイツ、病院の前でみつける。
どうやら、ゲイツが自分を探している…と聞きつけてやってきたようや。
(あんたはみんなと違う。あんたは別だ。)
やっとゲイツに心を開いてくれたようやなあ。

そんなうれしいできごともあり、ゲイツはサムに
アレックスが退院したら、盛大にパーティーしよう!
と、はしゃいでおります。
ところがサム「チュニーの家に行く」という。
しばらくいて、新し住むところを探すという。
「二人で乗り越えていこう。」というゲイツに対し、サム
「簡単に元に戻れる?私の心は晴れない。もう・・無理。」
そして…「私たち仲は終わりよ」

移民局から身柄を確保されることになった、グロリア。
不法入国の罪で、二年間逃げていたらしい。
せっかく生んだ赤ちゃんと、離れ離れにならなければならない。
(こうなることは覚悟していたはずだろう)
といいながらも、なんとかしたい気持ちのブレナー。
しかし、医療過誤訴訟のこともあってか、ニーラは静観してる感じ。
(リスクを冒せば、道は開ける)と、ブレナー。

仕事も一段落し、ニーラは外科主催のクリスマスパーティーへ。
ドゥベンコから、(訴えは棄却された)と聞かされ、喜ぶニーラや。
そこへブレナーがやってきて、(グロリアが消えた!)という。
(人は追いつめられると大胆なことをするの)
と、のんきなことを言うニーラにブレナー
(心配じゃないのか?術後数時間の患者が逃げ出したのに?)
(タクシーに乗って他の病院に行ったてこともあるわ)
(よそに行って、入院させてくれというのか?)
(誰かの紹介状を持ってたら受け入れてくれるんじゃない?)
…ブレナー、ようやく事情が飲み込めたようで、
もっすごい笑顔で「ニーララスゴートラは、やっぱり根性あるな。」

先に帰ろうとするモリスをひきとめる、ニーラや。
お父さんの遺品を、病院の前でジェリーに売り払ってもらったモリス
ほんとうは、無関心な振りをしていただけやった。
思いでのいっぱい詰まったコンテナ、やってんもんな。
二人で、奇跡のベビーをお見舞いに行ってたなあ。。。

**********************************

何度も言うけど、バンフィール先生は変わったよな。
モリスのせいだろうか?夫のラスに
「妻と寝たのはキミだったのか!」
と言われてあせってるとこが、かわいかったな。

さてさて、来週や。
バンフィールド先生、もう一度赤ちゃんを??
そいでもって、ゲイツ〜!
やけくそになったらあきまへんでぇぇ。
あ、そうそう。
もう一度ERで雇ってもらえないかな?
と、いってたジェリーはどうなるんやろ?
次回も見どころ、たくさんやがな〜!

ポチっとご協力お願いします!
人気ブログランキングへ


posted by マーク at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ER15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
アレックス、助かってよかったですねー。「クリスマス終わっちゃった?」って聞いたときのサムのあの笑顔。ホントによかったって感じでほっとしました。でも、ゲイツとはやっぱり別れちゃうみたいで・・・。だけど、今のサムはアレックスがいれば十分幸せなんだと思います。ラストのふたりでアイスクリーム食べながら、TV見てるシーンにそれが表れてた気がします。

そうそう、バンフィールド変わりましたねー。
なんか肩の力が抜けたって感じで、スタッフとのコミュニケーションも前よりスムーズになっている、そんな印象を受けました。

それとジェリー。
モリスに仕事の口添え頼んでましたけど、どうなるんでしょうね?来週、受付にいるといいな♪
Posted by 玲瓏 at 2010年12月10日 13:47
バンフィールド先生、変わりましたね!モリスに話したおかげかな。立ち直って、話しの分かる先生になってくれたら嬉しいな。サンタと記念写真を撮ってあげる、意気な計らい。かっこいいな。

サムにとってはアレックスがやはり一番!ママなんですよね!信頼できなくなってしまったからしかたがないのかな。

ジェリー、受付にいてくれたら和むなあ。来週も楽しみ〜。

ニーラもかっこよかったな。
Posted by こんちゃん at 2010年12月10日 17:59
アレックス助かってよかったです〜
サムの悲しむ姿を見たくないもん。でもすごい回復力にちょっとビックリ(^。^)
来週ゲイツが崩れちゃいそうですね。せっかくマックスを気遣えるほど立ち直っていい人キャラになってたのに・・・ここは我慢の時だっせ〜!自分に負けたらアカンよぉ〜
Posted by えみねこ at 2010年12月10日 18:57
マークさん、こんにちは♪

最近ちょとダメダメモードだったニーラですが
今回は良かったですね〜
元々とても真面目で純粋だったニーラに
経験が加わって、なかなかやるじゃん!
以前のニーラだったら
「ドゥベンコせんせ〜い!」って泣きつくところ
ちゃぁんとやりましたね!

えがったえがった
Posted by 蝦夷地のジン・メイ at 2010年12月14日 13:19
>玲瓏さん
こんにちは!
サムは若くしてアレックスを生んで育てているけど
男にぶれることなく、しっかりとお母さんしてるところが
えらいと思うなあ〜!
息子さえいれば、何も要らない…て感じやなあ。
ほいでもって、ジェリー!
雇ってもらえたのでしょうか。フランクとの巨漢コンビ復活か!?



> こんちゃん さん
こんにちは!
バンフィールドER部長、一気に人間味全開で
なかなかいい感じになってきたなあ。。
旦那さんともうまくいきそうやし、もう一度幸せな生活ができるとええなあ。
ニーラたん、ちょっとカーターっぽいこと、してましたな(笑)



>えみねこさん
こんにちは!
アレックス、助かってよかったよなあ(・・,)グスン
胸を開いて直接心臓マッサージしたのに、驚異の回復力か?
若いからな〜♪え?違う?(笑)
来週予告のゲイツ、あかんがなっ!
ほいでもって、ダリアの、でれ〜っとした顔!
あかんであかんで〜ぇぇ。



>蝦夷地のジン・メイ さん
こんにちは!
教わる側から教える側になるとは、
ニーラたんも成長したもんですなあ。
外科…といえば、シャーリーに会いたいなあ。
出るかな??
ドゥベンコ先生って、ほんわかした雰囲気で、
外科のドクターっぽくないよな?
ロマノ大先生、デイル、クレンショー…みんなアク強いでぇぇぇ。
Posted by なにわのマーク at 2010年12月14日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171635755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。