2010年12月23日

ER15−12「夢追い人」Dream Runner

15-12a.jpg


ポチっとご協力お願いします!
人気ブログランキングへ



ドクターにとって最も難しいのは
激務でも孤独感でも孤立感でもなく
また、人体はいつの日か必ず朽ち果てるという
知識でもなく…そう、別のことだ。

@
5:40。仮眠中のニーラたん。
レイからの電話で起こされる。
今日はレイの誕生日のようで
「おめでとう」
と言っております。
すぐに、ポケベルで呼び出され、
前回登場した、鎌状赤血球症の少女、
アナスタシアの具合を診に行きますな。
折り紙の占いをしているアナスタシア、
「どれを引く?」と聞かれたニーラたん、
「B(ブルー)の3」と、答える。
ドゥベンコが(やはり、胆嚢をとる手術をする)…と言い
ニーラたんは、何か言いたそうな感じやねんけど、
ドゥベンコの方針に従うんや。

最も難しいのは決断することだ。

エレベーターのボタンをガンガン押す。
「そうすりゃはやくくるってもんじゃないだろ」
搬送部?の男性に、チクリと言われ、階段へ向かう。
駆け下りているとき、チベット僧(?)らしき人とすれ違う

ERのラウンジに忘れていた聴診器を取りに行ったニーラ、
おなかに注射をしようとしてるバンフィールドをみかける。

ニック・バスケス、二階から転落…
ちょうど患者が搬送されてきたところだった。
ニーラ、ゲイツに呼び止められて、外傷室へ。
自分はドリームランナーだ。
というニック、飛行機から逃げ出そうとする夢を見て、
二階から転落したらしい。
ゲイツ念には念を入れようと、検査を勧めるも、   バンフィールドに必要ない、と言われる。
イライラしているバンフィールドにモリスも爆発寸前。

外傷室から出たゲイツ、サムからアイスホッケーのチケットを渡される。
ゲイツは(アレックスと行ったら?)というが、サムは
(あなたが買ったのだから誰かと行けば?)という。
連れて行く人なんていないんだ…とゲイツはさみしそうに言ってたな。

バンフィールドの高圧的な態度にキレキレのモリスに、
受付のジェリー(祝!受付復活)が、
「モリス先生、おいで!お宝があるんだっ!」
と、外に連れ出す。そこにはなんと、
タカターン!
オーバーホールしてきれいにしたモリスパパのバイクが(笑)
モリスのパパとママが初デートに乗ったらしいバイク、
ご機嫌でモリスが試運転するも、そのままゴミ収集車へダイブ!

アナスタシアのオペが始まる。
シャーリーの顔もみえまっせ♪
就職(?)の面接をキャンセルした…とニーラが言うと、
ドゥベンコは怒りまくってたよなあ。。
そこへ、オフになったサムが、麻酔科の研修のためにオペに参加する。
麻酔医が席を外すという。麻酔の担当はサムだけ。
ニーラが、「最初の症例にはふさわしくないの!」といい
「ここは教育病院よ!」とサムとも言い合いになる。
すると、急にアナスタシアが覚醒し、自分の手術中のおなかを見て、
きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

麻酔医が戻り、自分の指示が至らなかったことを詫びる。
すると、アナスタシアが心室細動になり、
電気ショックを与えるも心拍は戻らない…。

ドリームランナーのニックが意識を失う。
骨盤骨折の疑いあるのだか、ゲイツがCT検査を勧めるも、
それよりも血管造影が先だというバンフィールド。
ところが、検査しようとしたら、
脈が止まったらしく、バンフィールドが心臓マッサージをしている。
あとから来たモリス、ゲイツも処置を手伝う。

あたしが押し切ればよかった…
アナスタシアの心臓マッサージをしながらニーラが言う。
今となっては遅い…と、ドゥベンコ。
そこへ、ゲイツが(造影室で大出血してます。)と、オペ室までやってくる。
ニーラに行くように言う、ドゥベンコ。
階段を駆け下りるニーラ。
携帯電話がなり「レイ、あとで、かける」という。
造影室に行くと、もう手遅れ状態らしく、バンフィールドが死亡宣告をする。

バンフィールドに、判断が間違っていた!と激しく詰め寄るモリス。
ゲイツの言うとおりCT検査をしていたら、こんなことにはならなかった、と。
そして、
治療に上下関係を持ちこむな!
あんたはまだ仲間外れだ!
ここで迷惑をかけないでくれ!
とモリスに言われ、バンフィールド、
「ジェリー、これを人事課に返しといて。」
ネームプレートを放り投げ、「家へ帰る。」
といい、出て行ってしまう。
病院の外まで追いかけて行ったニーラ、
外科から死亡証明書にサインを…という電話を聞き、
携帯を放り投げる。
それを拾い上げたのが…オーストラリア帰りのブレナーだった。

(大丈夫?)
と、おどけて見せるブレナーだけど、
ニーラ「バンフィールドがやめた…患者が死んだ…」
そう言って、病院に戻っていく。

患者の治療はどのような結果になるか
予測できない迷路にもにたものだ。

--------------------------------

A 5:40。仮眠中のニーラたん。
レイからの電話で起こされる。

もし過ちの知恵を使うことができたら、
道路の分岐点に戻って、今度は正しい道を進めるのに。
そうすれば間違った選択を悔いることもないだろう。

以下、箇条書き(笑)

・アナスタシアは手術をせず、一日小児ICUで炎症を抑える処置をするが
容体が急変し、死亡してしまう。

・階段で陸軍?の服を着た人とすれ違う。

・バイクに乗ってるのは、ジェリー。

・ニーラの助言で、ドリームランナーはCT検査をすることになるが、
検査中に死亡する。

・面接を勧めるドゥベンコに対し、
自分を追い出したいのか、残ってほしいのかわからない…とニーラ。
ドゥベンコ、それは外の世界を見てくるまでは言えない、という。

・面接官が、エリザベス・コーディ!

・面接の途中でポケベルがなり、(マナー違反)とエリザベスに怒られるも
そのまま病院へ戻ってしまうニーラ。

・「カウンティーにもいらしてください」とニーラに言われて
表情が固まるエリザベス。

ある患者は回復を望めず、医師の力の及ばぬケースがある。
これは自己弁護かもしれないけれど…。

--------------------------------

B
5:40。仮眠中のニーラたん。
レイからの電話で起こされる。

選んだ方法が効果がなければ、
負けを認めるか、ほかの方法を見つけるか、だ。


・階段ですれ違うのはバレリーナ。

・お誕生日おめでとう!と、ラウンジで電話をしてるニーラ。
バンフィールドの注射には気が付かない。

・ニーラはアナスタシアに対し、たまった膿を取り除く治療を選択、ドゥベンコが快諾。

・デューク医大の面接を勧めドゥベンコ。
助教授で満額支給、君を受け入れる準備はしてあるよ。
といい、ニーラは感激する。

・面接に向かおうとして、ブレナーに出会う。(携帯を拾い上げる)
モリスのバイクを借り、二人で面接会場に。

・ある外科医を忘れられなかった…というブレナー、
私も恋しかった、すこし(笑)…というニーラ。

・エリザベスとの面接もうまくいき、ニーラとブレナーはホテルの部屋へ。

・ニーラの指示通り検査をしたゲイツがCTで出血をみつける。
オペ室が一時間待ち…という状態だったが、
バンフィールドが外傷室にて開胸、一命を取り留める。

・ブレナーと過ごすニーラ。患者の様子を見に行く…と走っている途中、
レイからの電話があるが、出ずに切る。

・カウンティに戻るが、ニーラの出番はなく、すべて順調に行っていた。

・アナスタシアの状態も落ち着き、ドゥベンコも占いをしてもらっている。

アナスタシアの占いの結果。
「行動が運命を開ける」

そして…またまた5:04。

****************************

更新遅くなって、すんまへーん。
ほいでもって、今回のエピガイ
むずかしかった〜(ノ_σ)クスン
どないでっか?わかりましたか?

それにしても、今回のお話は
どれが、ほんとうなのか、はたまた、すべてが作り物なのか。
さっぱりわからへんよな〜。
わしとしては、みんなハッピーな
B…がいいねんけど。
いや、でも、ブレナーとニーラたんがっっ!

次回はどうなる??
posted by マーク at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ER15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
今回のエピは話の設定自体がニーラの夢の中の出来事ってことだったんでしょうかね?ブレナーとベットインしちゃうのはちょっとねぇ。。

エリザベスに会えたのは嬉しかったですけど、どの話が本当だったんだろうと最後まで頭が混乱してた感じです。

でも、階段の踊り場のシーンは面白かったですね。ああいうちょっとした遊び心は大好き♪

ちょっと早いですけど、マークさんもよいお年をお迎えくださいね。新年からまた引き続きよろしくです☆
Posted by 玲瓏 at 2010年12月24日 21:57
>玲瓏さん
こんにちは!
エピガイの更新は、もう少し遅れます(^-^;

そうそう!ニーラが階段ですれ違う人、
あれは、なにを意味してたんやろな?
何回も5:04の目覚ましのシーンに戻るけど
あれは全部夢だったのか?
ニーラの夢、といえば、前にもそんなシーン、あったよな。

こちらこそ、今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますで〜!
よいお年を!!
Posted by なにわの at 2010年12月25日 06:09
玲瓏さん、マークさんこんにちは♪
今年最後のエピは幻想的?というか哲学的?というかちょっとわかりにくかったです。どれが現実なんだろ??

今年も残りわずか、皆さまよいお年をお迎えください!また来年よろしくでーす(^.^)
Posted by えみねこ at 2010年12月25日 09:05
マークさん、みなさん、こんにちは。

エリザベスが見れたのは嬉しかったハートでも夢だったのか?現実だったのか?後に分かるんでしょうか?レイとニーラがくっついてほしかったので、夢であってほしいような。
エリザベスからマークの言葉が聞きたかったなあ。現実なら、エリザベスらしく、仕事してるんだなあと安心します。

今年も大変お世話になりました。来年もなにわのマークさん節を楽しみにしています。
ありがとうございました。
Posted by こんちゃん at 2010年12月25日 13:24
うわぁ〜ん!!
どれが現実???

アナスタシアの折り紙占い。
日本からの輸入(?)遊びなのか
アメリカにも元々ああした占いが
あったのか・・・?
ちょっと文化について考えたワ・タ・シ
Posted by 蝦夷地のジン・メイ at 2010年12月26日 10:17
みなさま、年末のご挨拶、ありがとうございました。
忙しくて、ブログも更新できませんでした(ノ_σ)クスン

お一人ずつお返事できなくって、すみません。
Posted by なにわのマーク at 2011年01月05日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173708215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。