2011年01月20日

ER15−15「愛と憎しみと」The Family Man

15-15.jpg


ポチっとご協力お願いします!
人気ブログランキングへ


ニーラとサイモンは、毎日ラブラブなご様子。
出勤前も一緒に過ごしているぞい。
職場へは一緒に行こう…ばれないように…
てなことを話していると、電話がかかってくる。
電話に出たニーラ、突然驚きの声を上げる。
先日面接を受けたデューク医大の学部長が
ニーラに会いたいと言ってるらしい。
このウィークエンドに…という話をするニーラに、
サイモン(よかったね)…といいながら、帰り支度をする。
一緒に行こうと言ってたのに…とニーラは、わけがわからない。

サムとゲイツ、別れたものの、
仕事だけはちゃんとしようと約束したらしい。
しかし、ゲイツのほうがやりにくそうやでな。
そのゲイツやけど、
患者様からの好感度がとっても悪いらしく、
病欠のバンフィールドに変わって、サイモンから
(好感度アップ指示)が出る(笑)

救急車を外で待つ、サムとサイモン。
週末の勤務予定は変更できるかな?
などとサムに聞いている。
どこにいくの?と聞かれて、ノースカロライナ…って、
正直に答えてから、焦りまくってるサイモン。
バレバレですやん(笑)

すると、そこへ 一台の車がもうスピードで突っ込んでくる。
正面に止めてあった救急車に激突して停車。
サムとサイモンは、急いで車に乗っていた母娘の
救護に向かい、救急車の中にいたザドロをゲイツが救護する。

(突然、車が止まらなくて…)
と運転していた母親のジョアニー。
診察の結果、股関節骨折だということがわかる。
同乗していた娘ルーシーはエアバックで軽いやけど。
ジョアニーはしばらく入院が必要なため
誰かがルーシーの面倒を見なくてはならない。
ほかに家族は・・と聞かれて、弟のスチュアートがいるが、
近所の人に頼む・・というジョアニー。

78歳の老人・マルコムが自宅で倒れて救急搬送される。
髪を伸ばして女らしくなってるピックマン、登場ーっ!
(あとは、ヨロシクッ!…聞きたかったな〜)
マルコムさんをゲイツが担当。
(どこも悪くねーよ。帰る。)
というマルコムさんだけど、
脈が速いし、血圧も低いから、
腹部シリーズ(おなかの検査)をしましょう、とゲイツ。
なんとか思いとどまらせて、検査をはじめる。
検査の結果、潰瘍が穿孔していて、オペが必要なことがわかる。
ところが、オペは断る、とマルコムさん。
簡単な手術だから…というゲイツに、
女房もそういわれて、二年間帰れなかった…
と、頑なにオペを拒否する。
オペ説明に来たニーラは、
(本人の意志で決めたことだから)というが、
ゲイツは納得がいかない。
なんとか、オペを受けさせようと、
あれこれ脅しに近いことを言うのを聞いたニーラ
(どういうつもりなの?ほっとけばいいの!)

ルーシーを預けるはずだった近所の人が見つからず、
弟のスチュアートに連絡が行き、病院にやってくる。
スチュアートを見たジョアニーは(何で呼んだのっ!)と激怒する。
(俺を呼ぶなんて相当悪いんだな…)
というスチュアートに、サイモンは、
お姉さんが入院中の間、ルーシーを預かってもらえないか?
と、尋ねるが、自分には無理…と断る。
サムに(姪っ子はどうなるの?)と言われ、
(姪じゃない…俺の娘だ)

ルーシーが三歳の時、
実の母であるスチュアートの妻が出て行ってしまい、
そのままスチュアートも姿を消したらしい。
それ以来、ジョアニーを自分の子として育ててきた。
形式だけのものだから…と養子縁組もしていない。
今回のことでスチュワートが保護権を盾に
ゆすってくるかもしれない…
ジョアニーにとって、ルーシーは宝物、それを恐れている。

MRI検査をおえ、ERに戻ってくる途中で、容体が急変する。
サイモンがかけつけ、(肺水腫だ)という。
心室細動、6連発となり、危険な状態に。
三度目の除細動で脈拍が戻る。
ジョアニーは今回の事故とが関係なく、拡張型心筋症だと判明。
サイモンは「劇症型心筋炎」だといい、もう元には戻せないという。
薬の効果がなければ、移植リストに名前を載せることになる…と。

いったん帰ってしまったスチュアートが再び姿を見せる。
サイモンは、(脈あり!)と思ったのだろう。
ルーシーの面倒を見てはどうか…と説得し、
二人を会わせるんやな。
スチュワートがミュージシャンだ…と話すと、
二人は音楽の話で盛り上がり、いい雰囲気に。
姉のジョアニーも、弟だけには預けたくない!と言ってたんやけど
ルーシー自身もそうしたい…ということで、
スチュアートに預けることに、しぶしぶ承諾。

ソーシャルワーカーから、いろいろ書類を書かされて、
毎日するべきことを聞かされて、少々うんざり気味のスチュアート。
それが終わり、サイモンが、
(ルーシーがママに会いに行ってる間、何か食べてきたら?)
というと、そうする・・と出ていくスチュアート。

しつこく手術を迫ったゲイツ、
ニーラにガツンと言われて反省したのか、
マルコムさんに謝りに来る。
(威厳を以て人生をさよならしたい…)
そう考えているマルコムさんだけど、
自慢の孫アリシアが、土木の勉強をしていること
マルコムさんが若いころに進みたかった道を今、
アリシアが辿っていること…などをゲイツに言われ、
(卒業して、ふりかえったらあなたがいない…それでいいんですか?)
と、問われたマルコムさん。
考えておりますな。

スーパーヒーローゲーリー!
本日のモリスは、クローディアの家にご招待。
甥っ子の七歳の誕生日パーティーやな。
ところが、家族の共通語(?)である
スペイン語が通じなくて会話に入れず、
スーパーヒーローの代役を務めたはいいが、
足が違う!とか言われて、お菓子を投げられたり、さんざん。
その甥っ子が、肩を脱臼したらしく、家族全員でERにくる。

MRIの検査に対する健保組合の認可を待っていた
腰痛の男性患者が急変したと、ドンに言われて、駆けつけるモリス。
ヒーロースーツ姿のまま、てきぱきと治療に当たるモリスや(爆)
モリス先生、甥っ子たちになんとか、かっこいいところを見せられたか?
そのあと、クローディアに手錠をかけられて、連れ去られる(笑)

マルコムさんは、手術を決意したのか
孫のアリシアと、楽しそうに話している。
そして、こちらはルーシーや。
いつまでたっても、スチュアートはこない。
ずっと反対していたサムの言った通り、
どうしようもない男だったようやな。
見込み違いをしていたサイモン、ルーシーとともに途方に暮れる。

*******************************

本日の演出は、エリク・ラ・サル!
で、ございましたよ♪

来週の予告みて、また目が覚めた?(笑)
ドクターカーたーではありませんか!
モリスを訪ねてきてたな〜。
(聴診器、返してくれない?)って言いに来たか?(* ̄m ̄)ぷっ
ほいでもって、受付にはジェリーがやっぱりいました!
バンフィールドはこどもをまだあきらめてはいず、
モリスとクローディアが、なにやら雲行きあやしい。。

来週も、楽しみやん!
posted by マーク at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ER15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今回のエピ、ルーシーちゃん可哀相でしたね。
もっとも父親のスチュワートがダメ男の上にミュージャンだったので、サムの元夫のスティーブと設定同じじゃないかぁーとなんとなくおちは読めてしまったのですが(苦笑)サムもスチュワートのことがスティーブとダブって見えてたからあんなに反対したんでしょうね。

モリスはクローディアの大家族に引き合わせられて、あっけにとられていた姿も笑えましたが、ラストでのクローディアの姿がまたサプライズで可笑しかったです。

それで来週はとうとうカーターの登場!
今度は坊主頭じゃない(笑)

やっぱりカーターはあの髪形が良いですよね。
来週がすごく楽しみです♪
Posted by 玲瓏 at 2011年01月21日 16:36
マークさん、こんにちは!いつもお世話になっております(^.^)

スチュワートとルーシー楽しそうにしていたし今度こそ心を入れ替えてちゃんと面倒みてくれるのかと期待したのに・・・現実問題となると簡単にはいかないんですね。ルーシー心細いだろうに気丈に耐えてるのがかわいそうでした。

そして次回はカーターが!お帰りなさい〜♪
Posted by えみねこ at 2011年01月22日 08:48
> 玲瓏さん
こんにちは!
サムの、スチュワートを見る目が、ずっと「スティーブ目線」でしたなあ。
しつこくしつこく反対してました。
ブレナー君、世の中そんなに甘いもんじゃあ、ないんだよ。うん(笑)
次回もルーシーちゃん出るみたいだけど…どうなるんやろなあ。

カーター登場、珍しくジーンズ姿ちゃうか?
お金持ちのおぼっちゃまっぽくなくて、いいな(笑)




>えみねこさん
こんにちは!

スチュワート、すでに書類を書いてる段階で
「やっぱ無理」って思ったんやろな。
なんちゅー男や。父親だなんて、いわせね〜ぇよぉっ!(怒)

カーターくんは、どのようなご用件でERにくるんやろ。
ジェリーもいるし、楽しみですなあ〜♪
Posted by なにわのマーク at 2011年01月22日 11:15
目が覚めました!!愛しのカーター!!!やっぱりジョンカーターを見ると、初回の初々しい頃からの成長ぶりを追ってしまいます。だけど訪ねてきても知った人が少ないんんだなあ・・・時間がこんなに経ったんだなあ・・・としみじみ思ってしまいました。

ゲイツもブレナーも、、患者さん思いのいい医者ですよね。時々ズレますが(笑)ニーラに気持ちが振り回されているブレナーが微笑ましいです。
Posted by こんちゃん at 2011年01月22日 12:35
>こんちゃんさん
こんにちは!
 
第二の主役(かよ?)カーター君の登場ですな。
え?第一の主役は?…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 当然ながら
グリーン先生やんっ!
どんな設定で登場するんでしょ?
受付で(モリス先生は?)と聞いても、だーれもカーターだと気が付かないのが
寂しいな…(ノ_-。)

ゲイツもブレナーも、男前担当でございますが
元祖・男前担当のダグとの3ショットもみてみたいもんです!
Posted by なにわのマーク at 2011年01月23日 06:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。