2007年06月25日

ER12−13 「身体と心」 BODY&SOUL

er12-13a

ヘーイ!本日のエピは、
ロマノ大先生・・・の、ポール・マクレーンが監督だよ〜♪

今日のエピは、アビーと、医学部の恩師のお話。

スケートリンク内に、電動車椅子の男性がフラフラと入り込む。
意識は朦朧としている感じ・・・係員が声をかける。

ピックマンの救急隊によって、カウンティへ搬送される男性。
名前は、ネイト・レノックス。
ALS(筋いしゅく性側索硬化症)患者であった。
病状がかなり進んでいて、目の動きだけで会話ができる
コンピュータ装置(スピーチ・システム)を使っているらしい。
しかし、意識がはっきりしないので、その会話もままならない。
レイは、ヘレエに古いカルテを持ってくるように指示。
サム(この人見たことある!)と言う。

カルテを確認したサム、彼が来たときのことを思い出す。
ニーラとサムで担当したらしい。

[当時にワープッ!!]

(2004年)
講義中のレノックス先生。
病気のため、話し声も息絶え絶え。
その後、呼吸そくはくのため、カウンティにくる。
ニーラとサムが担当する。
ニーラを見て(どこの医学部だ?)と聞く。
(ここです。)とニーラ。でも、エールで生化学を専攻したので、
先生の講義は受けていない・・・と話す。
優秀な彼女の経歴を聞き、
(こんなゴミためはキミにふさわしくない)
と、進路を考え直すように、アドバイスする。
ニーラ、このとき「外科医は自己中で嫌い!」って
言うてましたで(笑)

(現在)
レノックスが来たと聞き、やってきたアビー。
助手であり、パートナー(?)のフランが
(先生は、延命拒否している。)
と、話す。
セントラルラインで、抗生物質を投与。
しかし、栄養チューブが詰まっていて、入らない。
(これ、いつ入れたの?)

(2002年5月)
アンスポーがスピーチしている。
食事中、レノックスが、むせて苦しくなる。
カウンティーに運ばれて、プラットが担当する。
レノックスの主治医も呼ばれて、治療方針を検討してる。
(ロマノは?・・・と、懐かしい名前!)
「今日は人が少ない。ロックハートは?」と、言い
「経費削減でリストラされたのか?」と、聞くレノックスに、
プラット
「スタッフのマーク・グリーンが亡くなって告別式に行ってる」
と、説明する。

(〒_〒)ウウウ  マークの葬式の日に、きてたんかい・・・(涙)

この頃のプラットは、カウンティじゃなくて、
ノースウエスタンに行く!って、張り切ってたよな(笑)

(現在)
肺炎を治すために気管切開をしなければならない。
しかし、フランは、(先生はそれを望んでいない。)と拒否。
アビーは、直接レノックスに、質問する。
すると、「いいよ。」と、コンピュータを通じて、答えが返ってくる。
アビーはそれを「OK」と認識し、気管切開をする、と言う。
しかし、すぐあとに「大丈夫。いいよ。」という答え。
そばで聞いていた、レイとサム、どちらとも判断がつかない。
フランは、(しなくていいと言ってる。)という。

そこへ、ルカが登場。
アビーは状況を説明するが、決定権はフランさんにあるという。
しかし、気管切開を承認した!と言い張るアビーに、
ルカは、ゴーサインを出す。

ドゥベンコ、ニーラの外科チームが呼ばれ、
気管切開の処置がはじまる。途中、出血し止まらなくなる。
痛そうな表情を浮かべるレノックスを見たサム、
(痛いんじゃないの?鎮静剤を・・・)
(モルヒネはダメ・・)

(2001年)
生徒と話しながら階段を駆け下りている、レノックス。
突然足がもつれて、階段から落ちる。
腕を骨折し、カウンティに運ばれる。
ルカが担当する。(髪が短い!)
助手のフランもやってくる。そしてルカが、
車椅子を使うほうがいい・・と話すが、レノックスは、
受け入れることができない様子。
ルカに、フランとのことを聞かれて、
口を濁していたなあ。。
そのとき、使っていたモルヒネの副作用で、吐いてしまう。

(現在)
無事に気管切開の手技が終わり、落ち着いたレノックス。
そばでフランは話し出す。
助手になって21年。自宅で面倒見ると約束したの・・・・

(1999年)
左腕の運動障害(?)のため、ドクターに診てもらった結果、
ALS(筋いしゅく性側索硬化症)だと判明。
フランが(幸せだった・・・)と話してた、数週間後のできごとだ。
しかし、レノックスは、
新しい治療法にかけて、全力で病気と戦う。
と、宣言していましたな。

(現在)
気管切開後、はじめてレノックスが話し出す。
「タートルネックが着れなくなった」
と、ジョークを言うがすぐに、
「切開は反対。」と言う。驚くアビー。

「自分の欲求は希望を伝えられなくなる」
「生きた屍になりたくない」
そういうレノックスを必死に説得するが、
「もうたくさん。」と、レノックス。そして、
「呼吸器をはずせ。」「できない。」
「じゃあ、うちへ帰る。」「帰れる状態じゃない。」

フランと一緒に、退院しようとしているレノックス。
どうしても、あきらめきれないアビー。
(二日間だけでも、いてください。)
(病気と戦う気は、ないんですか?)
(新しい治療法がみつかるまで、がんばりましょう。)
そして、
(症状が改善されるに、10ドル賭けます)

なんとしても病気と闘ってほしい・・・
そう願うアビーには、理由があった。

(1999年)
生化学の講義を精力的に行う、レノックス。
教室には、アビーの顔も見える。
講義終了後、アビーはレノックスに、
「クラスを辞めたいので承認してください。」
と、言いに行く。
自分には、むずかしすぎて、ついていけない・・・
なので、休学して進路を考え直そうかと思っている・・・
そう説明するアビーに、レノックスは、
中間テストの追試を簡単にパスする方法を伝授する。
といい、個別指導を約束する。そして、
「君にはできる。10ドル賭けよう。」
と、言う。。。

ラストシーン・・・
レノックスが、まよいこんだ(?)
スケートリンクにたつ、アビー。
軽やかなスケーティング・・・・・・・。

***********************************

今回は、ケリー、モリス、クレメンテがお休み。

懐かしい名前が、どんどん飛び出してきて、
思わずカウンティでの回想シーンのとき、
後ろにマークが通ってないか?とか、ロマノは?とか、
探してしもたがな(笑)

ニーラたん、外科に行ってるんやな。
ガラントとは、どうなったんやろ。
そのことには一切触れていませんでしたな。

そいでもって、気になったのが、
なぜ、サムとレイはずっとジャンパーを着ていたのか!?

さて、来週ですが。
先週、今週とお休みだったクレメンテがやっと登場。
えらいことになってますがな!
そして、アビーの妊娠をサムに告白するルカ。
わぉー♪来週も楽しみでんな。



人気ブログランキング参加中!ポチッとよろちく!人気ブログランキング参加中!ポチッとよろちく!



posted by マーク at 23:00| Comment(14) | TrackBack(1) | ER12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ジェームズ・ウッズ渋いですね。以前のレイ・リオッタやシンシア・ニクソンの時のように一人の患者をじっくり追うのと過去に戻る展開は見入ってしまいました。津嘉山さんの吹替も最高でした。ここんとこ毎日ER漬けでシーズン1からずっとみてます(笑)
Posted by クーパー at 2007年06月26日 01:13
>クーパーさん
♪クロスオーバーイレブン♪の
津嘉山正種さん・・・しっぶーい!
超ベテランの吹替えと、ジェームズ・ウッズのすばらしい演技に魅了されたエピソードでしたな!
過去の回想シーンの、ニーラの眉毛と
アビーのヅラと、ルカの太り具合には、
目をつぶりましょ♪
Posted by なにわのマーク at 2007年06月26日 10:39
なかなか重いテーマでしたね。我が家で15年祖母を在宅介護して看取った経験から(全くショートステイなどもせず、でした)、フランの立場で見てました。だからいくら恩師だからってアビーにはフランと先生の20年というものをもっと尊重してほしかった。もちろん第三者だからこそ見えるものもあるのであの選択が間違っているという事ではないのですが・・。

来週はクレメンテ楽しみです〜。でもホント、えらい事に!
Posted by 猫三匹 at 2007年06月26日 10:45
>猫三匹さん
こんにちは!

確かに。フランと先生との間には、
延命しない・・・という約束事ができていたんやもんな。
ルカも、決定権はフランさんに・・・と言ってたけど、
結局、アビーの強引さに負けてしまったところがあるような。
むずかしいなあ。

クレメンテ、血だらけ〜(怖)
そして、ジョディさんは!?
Posted by なにわのマーク at 2007年06月26日 11:18
こんにちは。

先週から、なんかサムの印象が違うなあと思っていたら、ヘアスタイル変わったんですね。
でもって、なんであのジャケット?
レイもだけど、カウンティってエアコンないの?

ロマノの名前が出てきたときは、ちょっとでも出てくるかと思ってドキドキしちゃいました。
演出やってるんだから、ちょこっとでも顔を出してくれたらいいのに・・・。

マークさんはアビーのヅラが気になりましたか。
私は、ほんとに若くみえちゃってびっくりしました。
あんなにきれいに撮れるんなら、「赤ちゃん産むわ」のシーンだって、もっときれいに撮ってあげてほしかったわ。

延命ということに関しては、みんな考えが違うのはわかるんですが・・・
アビーが強く押し切ったようにも思いましたが、結局ああいう究極の場面では、「絶対に正しい」選択はないわけで、誰かの強い意志があればそれにそって動いていっちゃうのではないかしら。

フランだって、「絶対にダメ」とはいいきれない、気持ちのゆれがあったのかもしれない。
ただ、もうちょっと話し合ってほしいとは思いました。
Posted by ねこ at 2007年06月26日 15:15
>ねこさん
こんにちは!

そうなんス。
サム、前髪斜めに下ろしてます、先週から。
とても、グラマラスな感じで、グッド!(笑)

アビーのヅラもそうだけど、
ニーラの眉毛「ちっがーうっ!」と思った(笑)
あの頃の眉毛は、あんなにシュッとしてなかった。
カクカクしてたもんね〜♪

・・・と、まあ、突っ込みどころ満載です。
愛する人と別れるのはいやだけど、
苦しむ姿も見たくはない・・・
フランの気持ちは、複雑だったでしょうな。
Posted by なにわのマーク at 2007年06月26日 15:41
今回の辻さんはフランの主治医でした。ちょっと出世?(笑)
ルカが気管切開を指示したシーン、アビーとの関係が
ER内で知れ渡っていれば贔屓をしたと思われるかもしれませんね。
ルカって結構個人的関係を入れませんか?
特にニコールの時はひどかったような気がする^^;
Posted by こた at 2007年06月27日 00:11
今回は延命という重いテーマでしたね。でも吹き替えの津嘉山正種さんと、ジェームズ・ウッズの演技に圧倒されました。それとちょっと過去の骨折を治療するときのルカの前髪が短くて、ちょっと若く感じて可愛かったです。
Posted by monet at 2007年06月27日 09:58
>こたちゃん
こんにちは!

主治医・・・というと、スピーチ・システムを指導してた、ドクターでっか?
おおー、あの人が辻さん!(笑)

ルカとアビーのやりとり、ちょっと違和感あったな。
決定権はフランさんにある、と言ってたルカ、
レイやサムが、「イエス」「ノー」どちらかわからない・・・と、言っているにもかかわらず、
アビーの「イエスと言った!」の言葉に、気管切開を認めたし。
おまけに、レイを別の患者のところに、担当がえしてたで〜!

サムと、治療をめぐってのやりとりも、こんなことなかったっけ?
Posted by なにわのマーク at 2007年06月27日 10:11
>monetさん
こんにちは!

骨折を治療するときのルカと、
前回(先週)のエピソードの、短い髪の毛と
同じ時期に、撮影したかな??

アビー、妊婦さんなのに、スケートしてたけど
あれは・・・どういう意味だったのかな。
しかし、アビーとても、美しかったなあ〜♪
Posted by なにわのマーク at 2007年06月27日 10:17
こんにちは。ご無沙汰しております。
ここ、数週間、体調が思わしくなく、寝たり起きたりの生活でした。今は、普通に活動していますが、本当に、大変で、ERに運ばれてもおかしくないほどでした(救急隊員は、ダー様で♪)
皆様、体調には、くれぐれも注意してくださいませ。風邪は、1度引くと厄介です。私だけ?

最近のERは、以前に比べていろいろと考えさせられる事が多くて、介護も、身近な問題です。
延命も、最近、新聞とかで話題になりますね。
むずかしい問題です。

あの、ER10を見逃したところがあるので、レンタル(すみません)しているのですが、ここで、ダー様の左手薬指に指輪を発見!スロー掛けて、何度も、見直しましたが、やはり、キラッと光るものが見えました。いつもは、手袋をはめているので、気づかなかったけど、カウンティに付いて救急車から降りるシーンで、運転していたダーさまが、素手から手袋をはめる所でした。
あくまでも、ダー様としてか、ブライアン・レスターさんとしてかの指輪なのか?
って、こんなの気づくのは私だけね(笑)

マークさん、長々とすみません。
また、遊びに来させて貰います。

Posted by miko at 2007年06月27日 11:38
>mikoさん
こんにちは!

隊長・・・・いやいや、体調はどうでっか?
無理せんと、ボチボチいきなはれやー♪

ダー様チェック、鋭いっ!(笑)
どうやろ?ご本人のモノかなあ?
俳優さんって、そういう「私物」は フツーは、はずしているものなのかなあ・・・とか思うけど、
以前アビーが、同じシーンなのに、
ピアスしてるときと、してないときが、あったような。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

いつでも、うえるかーむ!
身体に気をつけて、がんばってやー!!
Posted by なにわのマーク at 2007年06月27日 20:22
乳首研究会のうさおです。
私の記憶が確かならば、フランの声は、オスカル様の声の田島令子様。
今日のテーマは重かったですね・・。アビーの医者として、恩師とての情の葛藤、見ていて辛かった。
とーこーろーで、やっぱりルカ太りすぎ!!
Posted by うさお at 2007年06月28日 17:44
>うさおさん
前髪観察友の会、マークです。

田島令子さん・・・て、女優もやってる?
うーん、あの人かなあ・・・(ーー;).。oO(想像中)
登場したての頃のルカは、細かったよな(笑)
ウヒヒ〜♪
Posted by なにわのマーク at 2007年06月28日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

12-13「身体と心」
Excerpt: かつてアビーも教えを受けた生化学の教授ネイト・レノックス。スケート場で電気車椅子
Weblog: ERの間ラウンジ裏
Tracked: 2007-06-27 00:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。