2007年07月26日

ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者

今、super!dramaTVで、
「ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者」
というドラマをやってますねん。

ん〜?どこかで見たな、この人・・・

主人公のジョージ・ウォレスの妻役に
なーんと、おしさしぶり!

リー将軍こと、アマンダ・リーが、出てますやん!
メア・ウィニンガム / Mare Winningham

ほかにも、アンジェリーナ・ジョリーさんもご出演!

【こんなドラマ】
1958年、若く理想に燃えるジョージ・ウォレスは周囲の声援を受け、アラバマ州知事選に初めて立候補する。しかしKKKに組することを拒んだ彼を待っていたのは苦い敗北だった。南部で政治家として成功するためには、きれいごとを言っていては勝てないと悟ったウォレスは、自らの野望のため人種分離政策を掲げ、1963年、知事選に勝利。しかしキング牧師をリーダーとする公民権運動の波がアメリカ全土に押し寄せていた。そしてアラバマは、怒りに燃えた黒人達の闘争の最前線となる。1963年6月10日、二人の黒人学生ヴィヴィアン・マローンとジェームズ・フッドのアラバマ州立大学への入学を拒み、ウォレスは校舎の入り口に立つ。しかしケネディ兄弟の圧力に屈した彼は、ついに大統領選に打って出る決意を固める・・・・。
[super!dramaTVより抜粋]

er5-amandas.jpg

こ、こわーい!アマンダ、見てる〜(怖)

人気ブログランキング参加中!ポチッとよろちく!人気ブログランキング参加中!ポチッとよろちく!



posted by マーク at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オタクトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。