2005年08月09日

ER10−20「危険領域」ABBY NORMAL
ネタバレあり!

こんにちは〜♪
なにわのマークです。

ちょい更新遅れましたー!
夏の小旅行に行っておりました!
今回のエピ 一応、旅先で見たのですが
帰宅後、家のDVDをチェックしたら・・・・

( ̄□||||!!

や、やってもた・・・。
画面まっくら!
録画しゅっぱいしてもた。。。

というわけで、
しっかりとしたコメントが書けないかも・・・。(涙)
え?期待してないって?

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

愛息・ヘンリーと、もっと一緒にいたいケリー。
弁護士に、不満を訴えるが 
(無理を言うと、あなたが不利になる)
と、諭される。

エラの「おふる」をヘンリーに・・・と、段ボール箱をかかえて
ケリー宅を訪ねるエリザベス。
ケリーが、旅支度をし、パスポートまで用意しているのを見つけ
(早まったマネはしないで。)
と、話す。

自分にはなかなか心を開いてくれないと
アビーに相談するエリザベス。
それでも、ケリーの留守電に
(私にできることがあればなんでもするから・・・)
と、伝言をする。


研究所とERを行き来するニーラ。
なにやら人体実験をしている、例の二人。
薬のせいで、心臓に異常をきたし、ERに運びこむ。
カオくん、完全に三枚目(爆)(by もそやん談)


一方、シカゴに帰ってきたケム。
カーター家の「重役会議」に出る。
突然表れた、「カーター家の後継者」の彼女に
一同目を丸くする。

カーターのお父ちゃんも、びつくり!
ケムにあまりいい印象を持っていない様子。

「おばあちゃんの意志を受け継ぎ、ぜんぶ寄付する。」
と、みんなに告げるカーター。
またまた、一同びつくり!

カーターくん、そりゃ無茶やがな・・・。
そんな一言でみんな納得しまへんで〜。
おぼっちゃんの座を、彼は捨てるのでしょうか!?


精神科に研修中のアビー。

10-20.jpg

てんかんのような発作で運ばれてきた女性、
前回、無理に退院して帰ってしまったが、
また、発作を起こし、運ばれてくる。

原因を突き止めるため、入院することになり
薬の力を借りて、彼女の意識の底に眠る、
「心の声」を聞き出そうとする。

その結果、8年前に亡くした息子の
本当の死亡原因が、彼女にあることを、つきとめる。


ルカとサム、相変わらず ぎくしゃく。
まだ、居座るアレックスの父親が、原因のようだな。


**********************************************************

(-_-)ウーム
すんまへーん!
思い出す限りに、書いてみたんやけど、
また追加するかも・・・・。



r-banarg.gif
>ドラマランキング→応援よろしく〜♪

ranking.gif
ブログランキングranQ→新しく登録しました〜♪





posted by マーク at 18:53| Comment(8) | TrackBack(1) | ER10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 アビー益々高評価の中、カーター、スーザン、コバッチュ、チェンとスタッフドクター軒並み治療シーン無し。
 ニーラはすっかりラボがお気にり。ERとの兼業に評判は落ち、プラットにはかなり酷く叱責されていましたね。最初の頃は期待の新人だったのに。
 最愛の人を失い、息子まで取り上げられたウィーバー。憔悴しきった彼女はどうなるのでしょうか
Posted by at 2005年08月09日 23:28
>はぐれ警備さん(ですよね?w)
こんにちは〜。
おお!そういえば、治療シーンなかったっすね。
もうすぐ卒業&国家試験取得に向けてのアビーに
スポットライトが〜(笑)
残すところあと2話。どうなるんやろねえ。。。
Posted by マーク at 2005年08月11日 16:01
勿論話しの内容も大切だけど、また変な所に注目してる人。
ケムの声やってる人が朴ろ美さん(ろは玉へんに路。機種依存文字^^;)だと言うことにいまさら気がついてびっくり。
何でびっくり買って言うのは個人的な問題だが、「鋼の錬金術師」を好きになってしまっていたから。(朴さん主役の声で出てます)
な〜に、変なことでびっくりしてるんだろうって……
もっと話しの内容の方を書こうよって思ってしまう。(なら書けよ)
Posted by 星羅 at 2005年08月11日 18:30
>はぐれ警備(?)さん(最初にコメントされた方)
治療シーンが精神科だと対話が多く地味ですね。
母が途中で寝てしまいました。催眠療法?(笑)
感情を吐露することによって発作が無くなるのは
私的に興味深かったです。
しかもその治療が薬のおかげだからっつって
自分で試すとラボの二人みたいになるよ・・・
みたいな教訓付きに見えました。(薬は違えど)

ケリー!!あんさんよくふんばったよぉ!!!
Posted by ホールデン at 2005年08月12日 11:44
 名前を入れるのを忘れていました。最初のコメントは私 はぐれ警備です。不審なコメントになってしまい申し訳ありません。
 
Posted by はぐれ警備 at 2005年08月12日 22:10
>星羅さん
こんにちは!
わしはみたことないんだけど
「鋼の錬金術師」て 人気アニメなんやなあ。。
映画化もされてるし。。。
そっか〜。ケムがおったか〜(笑)
Posted by マーク at 2005年08月13日 11:47
>ホールデンさん
発作の原因(?)だった「息子の死について」
心の奥に封印していたのを、
薬を使って引き出した・・・
ホント、「心の病気の治療法」ってわれわれ素人には、はかり知れないですな。
あの奥さん、無事に子供と暮らせるようになるとええなあ。。
Posted by マーク at 2005年08月13日 11:51
>はぐれ警備さん
いえいえ〜。
いつもコメントありがとうございます!
わしには、「はぐれ警備さん」だと、わかっておりましたよ。
川 ̄ι ̄川フフフ
これからも、よろしくでーす!
Posted by マーク at 2005年08月13日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ERX ♯20 危険領域
Excerpt: ウィーバーは息子ヘンリーと月二回の週末しか会えない状況に不満を持つ。エラのお古を持ってウィーバーを訪ねたコーデイは、パスポートを用意しているウィーバーを見て心配する。  ケムがアフリカから戻りカータ..
Weblog: はぐれ警備純情派 海外ドラマ監察記
Tracked: 2005-08-09 23:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。